日野市監査委員による情報公開事務の違法をただす国賠訴訟、12月結審

 みなさん、こんにちは。きょうは情報公開制度をめぐる訴訟の報告をしたいと思います。

 2019年8月、筆者は日野市監査委員に対して「日野市立病院相談役に関する住民監査請求(日野29号)について、監査委員が保有するいっさいの文書」という内容の情報公開請求を行いました。これに対して日野市監査委員は、「要件審査表」だけを開示し、残りはすべて非開示とする処分を出しました。そのことにも疑問があるのですが、もっと大きな問題は、具体的にどのような文書を特定し、非開示にしたのかを明らかにしなかった点です。口頭で異議を唱えましたが、具体的な文書名を示す必要はないのだと強弁しました。

 これは情報公開制度の根幹にかかわる重大な問題だと考えた筆者は、昨年12月、非開示にした文書名の開示を求める裁判を起こしました(東京地裁 令和2年行ウ624号 情報公開非決定処分取消請求事件)。

 その第4回口頭弁論がきょう、東京地裁703号法廷(民事2部)でありました。裁判長は結審する予定だったのですが、被告日野市側は、反論したいことがあると述べ、もう一回口頭弁論を開くことになりました。時間稼ぎではないかというのが私の感想です。

 次回口頭弁論(結審予定)は12月8日14時30分703号法廷で開かれます。