杉1小「避難所として不適切」問題 /「検討した」 と区回答も裏付け記録なし・根拠は職員の記憶のみ

 2020年1月24日夕方、企画課・施設再編整備担当(福本弘課長)の鈴木係長より、かねて依頼していた回答があった。杉1小を河北病院敷地に移転する案について、浸水・類焼・延焼の恐れがあり、震災救難所として不適切であるとの報告を専門業者から得ていながら、なぜ移転案を採用したのかという質問に対する回答である。

(区回答)
 調査委託結果につきましては、あくまでA案とB案を検討するうえでの一資料であり、「不適切」との報告についても、ひとつの見解として受け止めております。浸水対策については
・地盤の高さの調整/校舎の床をあげる
 など設計のなかで対応できると考えている
 現在幹線整備事業がおこなわれており、進むにつれて阿佐ヶ谷北東地区一帯の水害対策の効果が向上すると考えている。学校の震災救難所としての機能に問題はないと考えている

 この回答に対して、筆者は疑問点をたずねた。そのやりとりは以下のとおり(回答は鈴木係長)。

ーー佐藤報告の結果をなぜ公表しなかった?

 (敷地の)かさ上げ、床あげで対応できると考えたから、あえて言わなかった。

ーー「あえて」とは、意図的・意識的に言わなかったと言う意味か。

 ちがう。「あえて」は取り消す
ーー対応できるから言わなかったという意味がよくわからない。対応できるから言う必要がないということか。

 そうじゃない。対応できるから言わなかった。

ーー佐藤報告を公表した上で、「対応できる」と説明すればよいだけ。対応できると考えた上で、言う必要がなかったと考えたから言わなかったという意味にしか理解できない。

 ちがう

ーー佐藤報告をふまえて検討し、対応できるからB案にしようときめたということ?

 そうだ。

ーー佐藤報告を踏まえて検討を行った事実を記録した文書はあるのか

 ないと思う。

ーーでは、今回の回答(佐藤結果をふまえた検討を行い、かさ上げなどで対応できると判断した)は職員の記憶にもとづくものか

 そうだ。

ーー誰の記憶か

 ・・・

ーー鈴木係長、あなたの記憶か?
 
そうです

ーー鈴木係長は検討の場にいたのか。

 調査委託は私が発注にかかわった。当然、結果を報告する

ーーそれはいつ、どのような場か。会議か、それとも課内での会話か

 おぼえていない

ーー今回、課としての正式な回答をおこなうにあたって上司に事実確認を行ったのか。

・・・

ーーあなた自身の記憶があいまいなのだから当然、(佐藤報告を踏まえた)検討にかかわった上司に確認したのではないか? 課長?それとも別の職員?

 当時の課長はいません

ーーいまの福本課長は(佐藤報告を踏まえた)検討の内容を知らない?

 そうです

ーー今回の回答の根拠は、あなたのあいまいな記憶だけ。そういうことか

 ・・・

ーー佐藤報告を踏まえた検討がなされたことを記録した文書を知らないとのことだが、存在しないのか、それとも存在する可能性があるのか

 あるかどうか私はしらない。ないとは言っていない。

ーー担当部署のあなたが知らなければ存在しないのではないか。調べて回答してほしい。

わかりました