大熊昌巳杉並区議会議長の目にあまる公私混同/公用車で「石原伸晃後援会」の政治集会参加

 政務活動費で選挙直前に大量にチラシを作成したり、政治集会の開催費を支出して、裁判で違法性が認定されるなど、公私の区別がつかない行状が目にあまる大熊昌巳杉並区議会議長(自民党)のあらたな公私混同が発覚した。昨年11月、自民党・石原伸晃衆議院議員の後援会が主催するイベントや集会に、2度にわたって参加したが、その際、議長公用車を使用していたのだ。

 すぎなみオンブズのメンバーが情報公開請求で突き止めた。同メンバーが入手した議長車の運行記録によれば、11月5日夜と、11月20日夕方、それぞれ墨田区と港区に議長車で行っている。議会事務局の説明では、5日は石原議員の後援会員向けのイベントで、20日は同議員の支援集会が行われ、大熊議長が「公務」で参加したという。

 だが「公務」と説明する一方で、11月5日と20日の議長日程表にはいっさい記載されていなかった。

 大熊議員は石原議員が代表をする政治団体「自民党杉並総支部」の会計責任者をしており、議長の「公務」で参加したというのは苦しい言い訳にしか聞こえない。タクシー代がもったいないから公用車を使っただけではないかと、大熊議員の過去の公金の使い方のせこさをみて筆者は想像している。

 週明けにおって取材・報告したい。