記事掲載のお知らせ【山陽新聞「越宗孝昌」会長は、加計学園「越宗孝昌」理事と同一人物なのか】

 マイニュースジャパンに記事を書きましたのでご案内します。ご覧下さい。
===

【山陽新聞「越宗孝昌」会長は、加計学園「越宗孝昌」理事と同一人物なのか――だれもが口を閉ざすミステリー】

 学校法人加計学園(岡山市・加計孝太郎理事長)の役員名簿に理事として「越宗孝昌」という名前がある。一方、山陽新聞社(岡山市・松田正己社長)の会長も「越宗孝昌」。これが同一人物なら、スキャンダルだ。政権中枢を巻き込んだ一大疑惑事件の渦中にある加計学園の役員に、新聞社の経営トップが兼務していたら、公正な報道など不可能だからだ。筆者は、両者が同一人物かどうか山陽新聞に電話で確認を求めたが、同社がみせた反応はきわめて不自然で、「わかりかねる」などと口を濁すばかり。加計学園も口を閉ざしている。6月19日、大阪北部大地震とW杯の中、わずか2時間前の告知で開いた姑息な加計理事長の初会見は、地元記者クラブ員限定で、幹事社は山陽新聞だった。山陽の紙面を調べると、加計問題記事の見出しに「加計」の文字がほとんどなかった。代わりに獣医学部新設を宣伝する広告が載っている。加計学園と山陽新聞がただならぬ関係にあることは間違いなさそうだ。

【Digest】
◇加計理事の「越宗」氏と山陽新聞の「越宗」氏
◇大メディアが報じない「越宗問題」
◇「わかりかねます」と口濁す山陽新聞
◇自社役員のことなのに「加計に聞け」
◇越宗会長の兼業状況は断固沈黙の山陽新聞
◇山陽新聞の記事見出しから「加計問題」が消えた?
◇加計グループの広告続々掲載
◇「加計」全国トップニュースでも地味な扱い

 元山陽新聞記者である筆者が、知人の山陽新聞の現役社員に、「加計」を記事の見出しに使わないよう言われているのか、と聞くと、彼はこういった。

「言わなくてもええんよ。言わんでも加計を使ったらいけんいうのをみな知っている」――これはどういうことなのか。

http://www.mynewsjapan.com/reports/2400