区長日程表・都内特別区調査/荒川は5年、江東は1年保存と判明

 杉並区の区長日程表が毎日廃棄されている問題で、22特別区の状況について調査をはじめたところ、さっそく荒川区と江東区から回答があった。

 荒川区は「行動予定表を作成、毎日廃棄しているが、エクセルのデータは5年間保存している」と回答、また江東区は「区長日程表は紙台帳とパソコン上のデータベースのものとがあり、紙台帳については、その日が過ぎれば不要となることからその都度、廃棄している。パソコンデータについては、次期スケジュールの参考になることもあるため、1年間は保管している」と回答した。

 中野区からも回答があったが、「『区長の日程』については、区のホームページの『区長の部屋』の中で、2007年度以降の内容を「区長の動き」として公表しており、毎月更新しています」というもので、質問の趣旨とことなる戸内容だったため、下記のとおりあらためて質問をした。

中野区御中
回答ありがとうございました。関連しておたずねします。
ホームページで公表しているもの以外に、区長の日程・予定に関する文書は作成していないのでしょうか。
作成している場合、その文書の名称・保管状況・根拠規程をお知らせください。

 他区からの回答も得られ次第報告したい。