杉並区議会議長「日程表」、廃棄していないのに「廃棄」したことにして非開示処分か

 杉並区の区長「予定表」と区議会議長「日程表」について、文書管理規程に基づく管理がなされておらず、それをいいことに「毎日廃棄」するという区民をとことん馬鹿にした対応がなされている問題で、あらたに驚愕の事実が発覚した。

 区議会議長に対する情報公開請求で、じっさいは廃棄していないのに「廃棄した」と虚偽の事実をでっちあげ、「非開示」処分をしていた疑いが強まったのだ。

 区議会議長の日程表が「毎日廃棄されている」との話を、事務局職員から筆者が最初に聞いたのは、4月3日である。ただちに開示請求を行った。1週間、あるいは1ヶ月とかまとめて請求したいので、即日廃棄はやめて当面の間保管してほしいと要望したが、これは受け入れられず、やむなく毎日請求を行うことにした。

 その後しばらく都外に出張していたが、ファクスで請求を続けた。しかし、4月7日(土)から4月10日までは多忙で請求することができなかった。この請求ができなかった間の「日程表」をどう扱うか、興味をもって開示決定を待っていたところ、きょうその決定がでた。

 最初に請求を行った4月3日より前のものはすべて非開示だった。そして、請求できなかった4月7日から10日のものも、開示がなされなかった。理由を聞くと「不要になったので廃棄した」と説明した。開示請求をしたいので廃棄はやめてほしいと申し入れたにもかかわらず、請求がなかったのをいいことにすぐに廃棄したというのは、あまりにも理不尽だし、不自然だ。本当に廃棄したのか、と強く追及したところ、職員は「じつは廃棄していないと思う」と言をひるがえした。

 そうだろう。廃棄しているはずがない。4月7日ー10日の間につくられた日程表を開示するよう、行政処分の見直しを求め、議長側はそれに応じた。

 文書管理がめちゃくちゃになっているお粗末な実態が浮き彫りになりつつある。