「高円寺小中一貫校工事」遅れは多数の設計修正が原因か

 高円寺小中一貫工校舎の工事が当初の予定より4ヶ月程度遅れ、開校時期を1年先の2012年4月に変更、その遅れの原因を杉並区(および区教育委員会)や受注業者(白石建設JV)が「住民の妨害」だと主張している問題で、区が東京都に対して建築確認申請を出した2016年11月から翌2017年3月末の間に多数の設計変更がなされている事実が、情報公開請求で開示された設計図面から明らかになった。

 建築基準法では確認申請があってから35日以内に許可を出さなければならない。それができない場合は通告する規定になっている。杉並区の確認申請があったのが11月上旬で、都は同月25日、修正をしないと許可がだせないとの通告を行った。同時に多数にわたる疑問を指摘した。この指摘を受けて区側は、設計者の教育施設研究所とともに設計図の修正作業をおこなったとみられる。

 今回開示されたのは平面図や立体図など基本的な図面18種類。最終的に「合格」となった図面のほか、ボツになった図面が68枚もあることがわかった。多い図面で5-6回の修正を行っている。

 各図面に作成された日時は記録されていないため修正の時期や経緯は不明だが、区営繕課によれば、区から都に修正図面を提出した最後の時期は2016年3月末で、建築確認がおりたのは4月半ばだった。区や白石建設JVは、2016年12月から翌年4月ごろにかけての住民のおだやかな抗議活動によって「工事妨害」がなされ、工期の大幅な遅れをもたらしたと強弁している。しかし、住民の「妨害」があったという時期には、まさに設計の修正作業に追われていたわけだ。工事の遅れの主因が設計の修正作業にあることにもはや疑いをはさむ余地はない。

★多数の修正がなされた図面1(重いのでご注意ください。PDF,約40Mバイト)
★同2(同)