記事掲載のお知らせ「大東建託殺人未遂事件」その4

 みなさんこんばんは。
 記事掲載のお知らせです。ご覧ください。
===

【大東建託社員がハンマーで顧客を殴打、瀕死の重傷を負わす――「優秀な」営業マンはなぜ破滅したのか④ 顧客から“シロアリ”と罵倒され逆上】

 「業績を上げる目的の身勝手な犯行」――松本市で2015年12月25日に起きた大東建託社員による顧客ハンマー殴打事件の判決公判で、野澤晃一裁判長は判決理由をそう述べた(主文は懲役19年)。大東建託の劣悪な職場環境を考慮すべきだとして情状酌量を求めた弁護側の主張を一蹴、G元社員にすべての責任を負わせる内容だ。「それでよいのか」と公判を傍聴してきた筆者は違和感を禁じえない。2ヶ月に一本、数千万円規模の契約を挙げ、完工させるという異常なノルマのなかで、G社員は次々に契約をとって会社の期待に応えた。しかし、じつは無理のある契約ばかりで、資金不足を借金や顧客から盗んだ金で補填していた。そして業績のために架空契約に手を染め、得意客との間で深刻なトラブルに。不正発覚を免れようと放火騒ぎを起こし、遂には「(お前たちは)シロアリだ」と顧客から罵倒されて逆上、ハンマーで殴るという破滅的な結末を迎えたのだった。
【Digest】
◇業績を挙げ続けたあげくの破滅
◇Bさんに無断でやった「3棟目の架空契約」
◇新支店長に手柄を挙げさせるための不正
◇地主Bさんとの蜜月の破綻
◇融資もつかないままなされた「先行工事」
◇最後通牒としての「支店長を連れてこい」
◇運命のクリスマス
◇地主の腕にすがって懇願した
◇「地主の蜜に群がるシロアリ」で爆発
◇ 逮捕され「会社のノルマから解放された」 

http://www.mynewsjapan.com/reports/2363

その1
その2
その3