白石建設青木部長スッテンコロリン事件で不起訴確定

 2017年2月3日朝、高円寺小中一貫校建設の事前作業をしようとする白石建設JV関係者に対して、「(施主の)杉並区と話し合いをしているところなので待ってほしい」などと住民が訴えていたところ、責任者の白石建設・青木部長が突然転倒し、住民のひとりから暴行を受けて手を負傷したなどとして杉並署に被害届を出すという珍妙な事件が起きていたことがわかった。

 被害届を出された当人はもちろん、周囲にいた住民多数も、「いっさい触れてはいないのに突然倒れた」と、転倒が自作自演の疑いが強いと証言。これに対して白石側は、この日朝から撮影していたビデオ映像を「証拠」に暴行を主張。

 検察庁でビデオを確認した人によれば、男性が青木部長を押したり接触した場面はもちろん、そうした状況をうかがわせる音声もいっさい記録されていなかった。暴行があったとされる場面はどういうわけかカメラのレンズが上空に向けられていたという。

 この青木部長スッテンコロリン事件は暴行容疑事件として東京地検に送検されて関係者の事情聴取がなされていたが、先日不起訴にする旨弁護士に連絡があった。不起訴理由は現在確認中。

 高円寺小中一貫校校舎建設は、計画自体に対する疑問をはじめ、ボーリング報告書の不備や設計の不安が指摘されるなかで、2016年12月に地元高円寺に本社をおく白石建設JVが限りなく100%に近い落札率で落札。以後1年間の流れをみると、工事の遅れの原因を住民になすりつけるための工作がなされたのではないかと疑わざるを得ない。

 当初の予定では1月に都の建築許可が出る予定だった。それをまって2月から本体工事に着手する予定だったが、認可が4月18日に延びた。基礎杭の発注時期が、当初は1月末に予定していたものが5月末に延期され(伊藤営繕課長によれば杭発注が遅れた原因も住民の妨害のせいだという)、本体工事は5月開始、基礎杭工事は7月開始と、工程全体が4ヶ月程度遅れた。

 スッテンコロリン事件がおきたのは許可前の2月3日。測量作業をやるなどといって学校に入ろうとする業者に対して、住民は「区と話しあっているところだ。まってほしい」と平和的に交渉していた。その最中に突然青木部長が転倒した。「接触はなかった」「転倒は唐突でおどろいた」と住民側の目撃者は一様に証言している。4日前の1月30日にも同様の話し合いが現場近くであった。このときは筆者も立ち会った。写真を取ろうすると青木部長は手をカメラをつかむという実力行使に出た。その後業者らは自ら引きあげた。区職員が現場に来るよう区に連絡をしたが、営繕課は「必要ない」として来なかった。

 そして、4月18日に建築許可がおり、直後の4月末に、白石側が住民数人に対して妨害禁止の仮処分を申請する。仮処分は、紙製のブラカードと肉声で抗議したことが妨害だなどという荒唐無稽な理屈だったが、一部を裁判所が認めた。白石の訴えのなかには、筆者が現場に立ち会った場面も含まれていた。穏やかに話し合いをして自ら引き挙げたにもかかわらず、「門にたちはだかって妨害した」と虚偽の事実を主張していた。

 この仮処分申請の証拠として白石が提出した住民の写真は、2016年に12月に区が主催して開いた住民説明会で業者が隠し撮りしたものだった。区は「知らなかった」としながらも、区と業者の共催なので問題はないとうそぶいた。写真にうつっている人物の氏名・住所の情報は区が提供した可能性が高い。

 仮処分申請の直前には、高円寺中学校(建設予定地)で説明会を開いた際、校門から路上にむけて白石が監視カメラを設置、条例違反を指摘されて撤去するという事件もあった。

 都の建築許可遅れにともなう工期圧縮はしていない、工程を見直した新工程表はないなどと営繕課は当初説明していたが、情報公開請求で確認したところ、虚偽の説明であることがわかった。都の許可が4月末におり、着工が4ヶ月遅れたことが確実となった後の5月、区は白石JV側に工期の見直しを指示。6月14日にJVが新工程表案を作成した。それによれば、本体工事は2019年3月までにできるとしながらも、外構工事が間に合わないという内容だった。これをさらに設計者である教育施設研究所が検討した結果、無理であることが判明。今年6月30日付で、完工時期を2019年5月にするという工程案につくり変えられた。つまり、2019年春の開校が困難であることを、遅くとも6月の時点で区も業者も知っていたわけだ。

 ところが区は、工事の遅れと開校への影響について議会や教育委員会に報告せず、今年11月になってようやく開校延期を発表、その原因は「住民の妨害のせいだ」と断定した。

 都の許可の遅れによって杭発注自体が4ヶ月も遅れて、これが遅れの主因ではないかと営繕課長をただしたが、伊藤課長は「住民の妨害によってプール解体工事が遅れた。解体できないと杭発注はできない」とあくまで住民のせいだと断定している。裁判所が認定した「妨害」は10日たらず。なぜ4ヶ月の遅れにつながるのかという疑問には、「段取りや下請けの手配がうまくいかないということがある」などと苦しい説明をしている。 

「杭発注の遅れは住民のせい」営繕課長が強弁

 高円寺小中一貫校工事の遅れの原因は、都の建築許可の遅れとそれに伴う杭発注の遅れに主たる原因があるのではないか。筆者の疑問に対して、伊藤営繕課長は「住民の妨害のせいだ」と強弁としか思えない説明を行った。以下やりとりを再録する。

(2017年12月18日 営繕課伊藤課長電話取材)

ーー杭発注遅れたのはなぜか
伊藤 住民の妨害によってプール解体工事が遅れたため。プール解体しないと杭発注できない。
ーー設計変更されている。時期は?
伊藤 杭変更は10月から10末。11月8日に教育施設研究所を通じて確認申請だした。
ーー確認がでたのは4月18日だが、当初の見通しは?
伊藤 1月中旬にはでると考えていた。
ーーその後1月末に杭発注の計画
伊藤 そう
ーー確認の遅れが工事の遅れではないのか
伊藤 ちがう。住民の妨害が原因だ
ーー妨害というが、区は現場に一度もいっていない。
伊藤 いっていない
ーーなぜ
伊藤 行っても無理。騒ぎになる。
ーー「妨害」は報告うけた
伊藤 業者から受けた
ーー区として何をした
伊藤「業者のほうには、なんとか工事をやれ」とお願いした
ーーそれだけか
伊藤 そうだ。
ーー杭発注が当初計画の1月末になされていないことをいつ知った
伊藤 記憶にない
ーー工程見直しを指示したのはいつ
伊藤 5月中旬
ーー5月中旬は、まだ杭が発注できていなかった。平成31年(2019年)4月開校が無理になる可能性について、すでに認識していた?
伊藤 あった。
ーー教育委員会に報告したか
伊藤 学校整備課の職員は知っていた。教育委員会には報告していない。
ーー開校延期になるかもしれない。検討中であるということを早い段階で報告すべきではなかったか。
伊藤 確定していないので報告すべきではない。
ーー工程表見直しの経緯
伊藤 5月中旬に見直し指示、6月14日に新工程表案作成、設計側の意見をうけて30日に改訂版。さらに再調整して9月26日付けのもの。
ーー5月から開校延期決定(11月)まで半年間に、工事の遅れはあったか
伊藤 ない。
ーー建築確認の遅れが工期の遅れの原因ではないか
伊藤 ちがう、住民の妨害だ。裁判所も認定している
ーー裁判所の認定した「妨害」は何日?
伊藤 9日。しかし白石は17日といっている
ーー1月30日の件は私も現場にいたが、妨害ではない。嘘をついている
伊藤 じゃそう主張すればいい
ーー白石のいっていることを鵜呑みにしているが、区は一度も現場を確認していない。
伊藤 妨害で工事が遅れたと報告うけている。
ーー仮に妨害で遅れたとしても、9日か、20日の「妨害」によって4ヶ月遅れたというのは釈然としない
伊藤 業者の手配とかいろいろある。
ーー何ヶ月の遅れにならないよう手をうったのか。
伊藤 検討したが無理だった。
ーー本体工事着工前の工事日報などの記録はあるのか。
伊藤 ある
ーーその内容をみて「4ヶ月の遅れは住民の妨害が原因だ」と判断したのか
伊藤 記録をみて判断したわけではない。

記事掲載のお知らせ「大東建託殺人未遂事件」その4

 みなさんこんばんは。
 記事掲載のお知らせです。ご覧ください。
===

【大東建託社員がハンマーで顧客を殴打、瀕死の重傷を負わす――「優秀な」営業マンはなぜ破滅したのか④ 顧客から“シロアリ”と罵倒され逆上】

 「業績を上げる目的の身勝手な犯行」――松本市で2015年12月25日に起きた大東建託社員による顧客ハンマー殴打事件の判決公判で、野澤晃一裁判長は判決理由をそう述べた(主文は懲役19年)。大東建託の劣悪な職場環境を考慮すべきだとして情状酌量を求めた弁護側の主張を一蹴、G元社員にすべての責任を負わせる内容だ。「それでよいのか」と公判を傍聴してきた筆者は違和感を禁じえない。2ヶ月に一本、数千万円規模の契約を挙げ、完工させるという異常なノルマのなかで、G社員は次々に契約をとって会社の期待に応えた。しかし、じつは無理のある契約ばかりで、資金不足を借金や顧客から盗んだ金で補填していた。そして業績のために架空契約に手を染め、得意客との間で深刻なトラブルに。不正発覚を免れようと放火騒ぎを起こし、遂には「(お前たちは)シロアリだ」と顧客から罵倒されて逆上、ハンマーで殴るという破滅的な結末を迎えたのだった。
【Digest】
◇業績を挙げ続けたあげくの破滅
◇Bさんに無断でやった「3棟目の架空契約」
◇新支店長に手柄を挙げさせるための不正
◇地主Bさんとの蜜月の破綻
◇融資もつかないままなされた「先行工事」
◇最後通牒としての「支店長を連れてこい」
◇運命のクリスマス
◇地主の腕にすがって懇願した
◇「地主の蜜に群がるシロアリ」で爆発
◇ 逮捕され「会社のノルマから解放された」 

http://www.mynewsjapan.com/reports/2363

その1
その2
その3

「2019年開校は困難」認識は着工直後の6月と判明、杉並区は公表せず

 地盤調査の不備や意義の不明確さなど多くの疑問が指摘されている杉並区立高円寺小中一貫校の校舎建設工事が遅れ、当初の開校予定(19年4月)が1年後の20年4月にずれこんだ問題で、本体工事着工2ヶ月後の今年(2017年)6月30日の時点で、当初の予定であった2019年2月末の完成は絶望的であり、7月ごろになるという新工程表が作成されていたことが情報公開請求で開示された資料によって判明した。

 2019年2月末の完工が無理であることを杉並区は早期に把握しながらも、議会や教育委員会、保護者らにはいっさい報告せず、「2019年4月開校」という虚偽の説明を続けていた。

 開校時期が遅れそうだという重要情報をかくしていた区の責任が問われるのは必至だ。

 当初の計画(2016年12月作成の工程表)では、今年(2017年)1月末に基礎杭を発注、2ヶ月後に杭が完成、都の建築確認を待って3月末から基礎工事に入り、2019年2月末に完工することになっていた。
 
 しかし、じっさいに都の建築確認がおりたのは4月18日で、本体工事の着工も数ヶ月遅れた。この点について、「工程表を作り直しているはずだ」と筆者は、情報公開手続きの一貫として営繕課に問い合わせところ、「見たことがない」などと口を濁していた。

 しかし、今回開示された文書によって、それが嘘であることがわかった。6月14日付の新工程表(案)と同月30日付の新工程表(改訂案)というものが出てきたのだ。それらによれば、基礎杭の発注がされたのが建築確認がでた後の5月はじめ。杭の完成に2ヶ月かかり、杭ができた今年7月下旬から基礎工事の開始とある。

 この工程見直しは、5月末に区からの要請で施工業者が行った旨の営繕課の説明である。

 そして6月14日付の新工程表をさらにみると、途中の工期を短縮して2019年2月下旬~3月はじめに完了させるとある。これに対して、設計会社からの意見がついて改訂されたのが6月30日付工程表で、そこには、完工時期は5月であると記載されている。つまり、遅くとも6月末の時点で2019年2月末の完工は絶対無理であることが確定し、区も把握していたのだ。

 一連の工程見直しと完工時期の遅れについて、区は把握していながら、今年11月まで公表しなかった。

 そして、11月に開校の1年遅れを公表したものの、住民の「妨害」が原因である旨業者が言っており、これが妥当だと考えるーーといった説明した。これに対して住民側は、工事の遅れにつながるような行為はなかったと反発している。

 一連の工程表を見る限り、筆者の目には、完工時期の遅れの原因は、本体工事着工(基礎工事着工)が4月ほど遅れたことにあるように思う。そして本体工事着工が遅れた原因は、杭の発注時期の遅れにあるようにみえる。当初の杭発注予定は、都の建築許可が出るまえの1月だった。しかし、じっさいには許可がでた後の5月はじめだった。確認許可を待つ間、基礎工事の設計変更がなされている。こうした事情で、杭の発注を都の許可が出た後に遅らせた可能性が考えられる。

 ★工程表の変遷(体育館棟)PDF、6Mバイト
 ★工程表の変遷(校舎棟)PDF、7Mバイト

「大東建託松本支店 顧客ハンマー殴打事件」 その2

 大東建託松本支店事件の報告「その2」をマイニュースジャパンに発表しました。ご案内します。

【大東建託社員がハンマーで顧客を殴打、瀕死の重傷を負わす――「優秀な」営業マンはなぜ破滅したのか②】

 大東建託松本支店の営業担当社員が顧客ら3人をハンマーで殴打した殺人未遂事件(2015年12月25日発生)の公判を通じて浮かんできたのは、激しいノルマ至上主義に洗脳され、自ら借金をしてまで融資困難な契約を取り、客の金にも手をつけた「忠実」な社員の姿だった。G社員(懲戒免職)は、金を盗んで食い物にした顧客(85)に対し、新規アパート建設に消極的なことを逆恨みして家に火をつけるというさらなる狼藉を働く。「業績がマイナスになるのが嫌だった。支店長に報告できなかった」と動機を語る。「殺されてもはなすな、目的完遂までは」という電通直伝の「鬼十則」を実行し、支店長の期待にこたえるべく努力した社員が行き着いた先は「破滅」だった。11月30日、長野地裁松本支部は懲役19年の判決を言い渡した。「成績を上げるための身勝手な犯行。特段酌むべき事情はない」として大東建託の責任をほぼ完全に”否定”した。

【Digest】
◇懲役19年の判決、大東建託のブラックぶりには触れず
◇売れない営業マンから「松本支店のエース」へ
◇ 「工事追加費用」と嘘つき786万円詐取
◇顧客の希望どおり中止できなかったわけ
◇一転消極的になったAさんを逆恨み
◇泥酔して火をつけた

http://www.mynewsjapan.com/reports/2359