核兵器がほしい安倍首相

 8月6日、9日の広島・長崎の原爆の日式典で、安倍首相はあいさつのなかで「核兵器禁止条約」にいっさいふれなかった。核兵器がほしい、使いたいと考えていることがこれではっきりした。そういってよい。

 しかし、そうした人物が首相でいつづけられるのは、少なからぬ国民がそういう考えをしているからだろう。人類を破滅に導く兵器の使用に寛容なのはなぜか、その理由、考えを理解することが不可欠だと思う。