杉並区長のお気に入りメディアだけでつくる「記者クラブ」

 公のために税金で仕事をしているはずの役所が、特定のメディア産業だけを特別扱いして情報を流し、持ちつ持たれつの関係を築く。これが日本特有の「記者クラブ」の本質である。杉並区の場合、商業メディアにとってはそれほどネタ元としての価値がないので記者クラブ的な仕組みもないのだろう。そう思っていたところ、じつは実質的に存在することがわかった。しかも、メディア側からの要請ということよりも、むしろ杉並区のほうから率先して作っているようなのだ。

 この杉並版記者クラブは、同区広報課いわく「記者懇談会」である。年に数回、区長が出席して報道記者らと「懇談」する企画らしい。

 「懇談」とはいうものの、記者の側は「区長の定例会見」と認識しているとみられる。じじつ、区長から区の政策について説明を行い、記者は質問できるらしいから、内容は記者会見というべきだろう。※

 きょう22日午後に「区長定例会見がある」との話を筆者は小耳にはさみ、出席できないか区広報課に電話でたずねた。だが、予想外にも筆者の出席は断られた。その際、広報課職員が口にしたのがこの「懇談会」という言葉だった。

 「懇談会であって記者会見ではない。クローズです。だから(三宅は)出席はできません」

 いったい、出席できるのは誰なのか。たしかめたところ、職員はこういった。

 「新聞やNHK、通信社など大手の報道機関です」

 これを聞いて筆者は、てっきり特定のメディア会社でつくる「記者クラブ」からのはたらきかけで「懇談会」がなされているのだろうと思った。だが引き続きたずねているうちに、そうではないことをしった。

 「杉並区担当記者さんのいる報道機関」を杉並区のほうで選んだというのである(社名をたずねたが即答せず、現在回答待ち)。

 さらに奇妙なことには、年に1〜数回おこなっている区長記者会見については、「懇談会」以外の報道機関や小規模メディアにも案内をしているというのだ(この社名も即答せず、回答待ち)。また、筆者のようなフリ―記者でも会見への参加は可能だと一応は答えた。

 もっとも、きょうの段階での広報課員の対応を見る限り、杉並区は筆者のことをはたして「報道記者」とみているのかどうか、あやしい印象を受けた。必要があれば、記者としての仕事をしているとの証明をしてもよいから、何が必要か教えてほしいむね伝えておいた。

 区長にとって「いい記事」を書いてくれそうなメディアを「懇談会メンバー」として優遇し、かたや批判的な記事を書きそうな者は排除する。田中区長は、テレビ局は男のやる仕事ではないなどと女性蔑視の発言をしたことがあるが、今回の件は、同氏の差別的な感覚をあらためて浮き彫りにしたともいえる。 
 

 ※記者と区長とのやりとりは「オフレコ」であるとの噂もある。現在確認中。

 
 

 

共謀罪の企みに抗う意味――平和を求めなければ平和は手に入らない

 共謀罪法案が衆院法務委員会で強行可決された。明日にも衆院本会議で強行採決するとの噂が流れている。いまこの国で起きていることは、すさまじいまでの権力の暴走と私物化である。権力の維持とカネもうけのためなら、大虐殺であろうが核戦争であろうがかまわないといった人間の愚かな行動を目のあたりにしている。

 国会周辺での行動予定が送られてきたので転載したい。

・5月23日(火)8:30~12:00 朝情宣・座り込み・ミニ集会等
        (12:00~16:00 「共謀罪NO!実&総がかり行動」の昼集会・座り込みに合流)
         16:00~17:30 「戦争・治安・改憲NO!実」の集会・座り込み
         18:00~19:45 百人委員会主催:院内集会(参議院議員会館1階 講堂)

・5月24日(水)8:30~?   
        【参院本会議が開催された場合は、下記。】
         8:30~12:30 朝情宣・座り込み・ミニ集会等
        (12:30~13:30 「共謀罪NO!実&総がかり行動」の昼集会に合流)
         13:30~17:00 「戦争・治安・改憲NO!実」の集会・座り込み

・5月28日(日)全日・各地にて 1億3千万人共謀の日

■国会に怒りをぶつけよう! 怒り!怒り!! 怒り!!!
 共謀罪創設に反対する百人委員会 5.23院内集会

 百人委員会が呼びかけた「共謀の日」など、反対の声が全国各地で急速に広がっています。
様々な立場から反対の声をあげ、安倍の暴走に怒りを叩きつけましょう。
現代版の治安維持法の制定を絶対に許すことはできません。
是非ともご参加ください。

■日時 5月 23日(火)18時20分~19時50分 (開場:18時10分)
           *18時から議員会館入口で係の者が入館証をお渡しします。
■場所 参議院議員会館1階 講堂
■交通 永田町駅・国会議事堂前駅 下車 約5分
■資料代 500円
■集会プログラム
 司会のあいさつ      赤坂 珠良さん(一般人の会)
  ・基調報告       足立 昌勝さん(関東学院大学名誉教授)
  ・弁護士としての怒り  岩村 智文さん(神奈川県弁護士会)
  ・国会に怒りをぶつけよう!(5分間スピーチ) 
              水戸 喜世子さん(子ども脱被ばく裁判の会)
              竹村 香津子さん(大逆事件弁護士・平出修研究会)
              今泉 正夫さん(横須賀市革新懇代表世話人)
              岩橋 健一さん(フリー)
              山本 眞理さん(全国「精神病」者集団)
              亀田 博さん(日本社会文学会)
              筒井 修さん(福岡市民救援会)
 そのほか 弁護士、研究者からの発言
  ・出席国会議員のあいさつ(適時)
  ・集会決議の採択
  ・まとめの言葉     林 克明さん(フリージャーナリスト)

主催:共謀罪創設に反対する百人委員会 

共謀罪―安倍晋三肥溜め的腐敗政権の日本破壊の総仕上げ

 権力に不都合な人間を警察が好き放題に逮捕できる――そういっても過言ではない共謀罪法案が衆院法務委員会で強行可決された。権力を手中にしようとなりふりかまわぬ横暴が次々に行われている。

 森友問題も加計学園問題も、安倍首相が総理大臣を辞任するのはもちろん、国会議員を辞職するのが当然の大事件である。腐敗しきった権力の姿を国民の前にむきだしにしている。熟成され悪臭をはなつ肥溜め同然である。 

 これから安倍政権のことを「肥溜め政権」と呼ぶことにしたい。

 もちろん、肥溜めのクソ小便は畑の肥やしとして大変に貴重なものである。しかし、おき場所や使い方をまちがえると人間の生活に深刻な支障をもたらす。安倍政権は本来なら畑にまかれるべきところ、食堂のカレー鍋を占拠してしまっている。とんでもない迷惑で危険な話である。

 
 
 知人より下記の案内をちょうだいした。参考になるので転載したい。

 2017.5.19
国連プライバシー権に関する特別報告者 ジョセフ・ケナタッチ氏が、5月18日、共謀罪(テロ等準備罪)に関する法案はプライバシーや表現の自由を制約するおそれがあると懸念を示す書簡を安倍首相宛てに送付しました。

書簡では、
法案の「計画」や「準備行為」の文言が抽象的であり
恣意的な適用のおそれがあること、

対象となる犯罪が幅広く、
テロリズムや組織犯罪と無関係のものを含んでいることを指摘しいかなる行為が処罰の対象となるかが不明確であり
刑罰法規の明確性の原則に照らして問題があるとしています。

さらに、プライバシーを守るための仕組みが欠けているとして、次の5つの懸念事項を挙げています。

1 創設される共謀罪を立証するためには監視を強めることが
 必要となるが、プライバシーを守るための適切な仕組みを設け
 ることは想定されていない。

2 監視活動に対する令状主義の強化も予定されていないようで
 ある。

3 ナショナル・セキュリティのために行われる監視活動を事前
 に許可するための独立した機関を設置することが想定されてい
 ない

4 法執行機関や諜報機関の活動がプライバシーを不当に制約し
 ないことの監督について懸念がある。例えば、警察がGPS捜査
 や電子機器の使用のモニタリングをするために裁判所の許可を
 求める際の司法の監督の質について懸念がある。

5 特に日本では、裁判所が令状発付請求を認める件数が圧倒
 的に多いとのことであり、新しい法案が、警察が情報収集のた
 めに令状を得る機会を広げることにより、プライバシーに与え
 る影響を懸念する。

書簡の全文はこちらからごらんいただけます。
http://www.ohchr.org/Documents/Issues/Privacy/OL_JPN.pdf

*特別報告者は、国連の人権理事会によって、特定の問題について調査し報告するために個人の資格で任命される独立の専門家です。
ジョセフ・ケナタッチ氏はIT法の専門家で、2015年7月に初めてのプライバシー権に関する特別報告者に任命されました。http://www.ohchr.org/…/Issues/…/SR/Pages/SRPrivacyIndex.aspx

*以上自由人権協会からの情報提供です。
自由人権協会は、今年10月1日(日)午後に一橋講堂で開催する70周年記念シンポジウムで、ケナタッチ氏をゲストスピーカーとして招聘する予定だということです。