「北朝鮮問題」はアメリカの問題である

「北朝鮮の問題」はアメリカの問題である、との論評がカウンターパンチに掲載されています。抄訳してご紹介します。

 仮に日本政府に日本の安全を最優先する気が本当にあるのなら、北朝鮮政府と米国政府が朝鮮戦争の和平のテーブルにつけるよう、双方に、特に米国政府に働きかけるしかありません。しかし現実は逆です。米国が北朝鮮を侵略するおろかな行為をあおりたてることで日本を危機にさらしています。

 おろかな植民地精神だと思います。 

https://www.counterpunch.org/2017/04/17/the-problem-is-washington-not-north-korea

「問題は北朝鮮ではなくワシントンのほうにある」
マイク=ホイットニー

 ワシントン政府は北朝鮮に対するあなどりを一度たりとも隠そうとしたことはない。 戦争が終わってから64年間、米国はこの共産主義国家に対して、罰をあたえ、はずかしめ、痛みを加えるために、力の限りあらゆることをやってきた。

 ワシントン政府は、北朝鮮政府が外国資本や市場に接することを邪魔し、経済制裁で経済を窒息させ、破壊的なミサイルシステムと軍事基地を戸口においた。北朝鮮が飢餓に陥ることを狙った。

 交渉は不可能だった。ワシントンは北朝鮮を見下しており、それゆえ交渉の席につこうともしなかった。そのかわりに、北朝鮮と外交関係をもつ中国に圧力をかけ、ワシントンの最後通牒を最大限恐ろしい形で相手に伝えるためのメッセンジャーとして利用した。

 ワシントンの望みは、いうまでもなく、ピョンヤンがアンクルサム(米国の白人支配層)のいじめに屈服して彼らの言いなりなることである。

 しかし米国の脅しに対して北は一度も屈していない。その気配もない。それどころか、自衛のために小規模な核兵器を開発した。北朝鮮を支配しようと米国が再び戦争をしかけてきたときのための備えである。

 世界のなかで北朝鮮ほど核兵器を必要としている国はない。FOXテレビやCNNニュースで洗脳されているアメリカ人は、これに異を唱えるかもしれない。だが、たとえばカリフォルニア沖に敵国が攻撃部隊を配備し、メキシコ国境で大規模な戦争ゲーム(人々を脅かしながら)をやったとすればどうか。ものごとは違ってみえることだろう。敵国が本当におろかなことをやらかすのを避けるために2、3の核兵器を持つことに意義を見出すだろう。

 キムジョンウンがサダムやガダフィと同じ運命になっていないのは、1つに北朝鮮が海洋油田を持っていないこと、2つには、北朝鮮がソウルや沖縄、東京を廃墟にする能力を持っているからである。もしキムジョンウンが大量破壊兵器を持っていなければ、ピョンヤンはとっくに先制攻撃を受けて、ガダフィと同じ運命をたどっているだろう。米国の冒険主義に対する唯一の解毒剤が核兵器なのだ。
“「北朝鮮問題」はアメリカの問題である” の続きを読む