「よみがるCIAの拷問」

 カウンターパンチに元CIA(米国中央情報局)分析官・メルビン=グッドマン氏による「よみがえるCIAの拷問」と題する記事が掲載されています。拙い訳で恐縮ですが、紹介します。誤訳等ご意見ありましたらお知らせください。

Return of the Torturers: Back to the Crime Scenes of the Past

http://www.counterpunch.org/2017/02/03/return-of-the-torturers-back-to-the-crime-scenes-of-the-past/

Posted By Melvin Goodman On February 3, 2017

 トランプ政権は過去20年に起きたおぞましい犯罪(拷問や虐待、秘密の刑務所、特別移送※を含む)の時代にもどろうとしている。

 ※米国以外で拘束した人物を国外に連れ出し、秘密裏に拘束すること

 CIA副長官にジーナ=ハスペルを指名した。この事実は、大統領や国家安全保障補佐官、CIA長官によって容認された(そのご批判された)水責めを含む拷問が、ふたたび米国の反国際テロ運動の主要な役割を担うことを意味する。

 ハスペルは、ブッシュ政権時代に起きたCIAによる犯罪的行為の中心的人物である。タイに秘密刑務所をつくり、アブ=ズベイダ氏とアブド=ラヒム=ナシリ氏に対する残忍な取り調べ※※が行われた。

※※http://www.afpbb.com/articles/-/3033846?pid=0

 これらの拷問によって得られた情報は何ひとつない。

 反テロセンターの長であるホセ=ロドリゲスは拷問のビデオの廃棄を命じた。彼に破壊を指示したのはハスペルだった。CIAの拷問と虐待に関する上院の調査がすでにはじまっていた時期で、明らかに証拠隠滅である。
 
 ジョン=ブレナン前CIA長官は2013年、作戦のためにハスペルを副長官にしようとした。しかし上院情報委員会のダイアン=ファインステイン委員長※※※は彼女の任命を阻止した。

※※※CIAの拷問を上院で調査した際の責任者

 現在、上院情報委員会の委員長はリチャード=バー上院議員だ。彼はCIAの拷問を告発した権威あるファインステイン報告が世に広まらないよう邪魔をした。

 そして現在のマイク=ポンペオCIA長官にいたっては、水責めが拷問であるという認識すら持っていない。水責めをする者を「愛国的だ」と述べている。
“「よみがるCIAの拷問」” の続きを読む