時給8万円の増田寛也顧問問題で住民訴訟提起へ

 非常勤顧問として月2回、4時間程度の軽作業で月額35万円の報酬を、杉並区が増田寛也氏(前都知事候補、元総務大臣)に支払った問題で、筆者はちかく返還を求める住民訴訟を東京地裁に起こす。その訴状がほぼ完成したので紹介する。読者各位にご支援をお願いする次第である。また、訴状に関してご意見があればぜひおよせいただきたい。

===

訴    状(案)

東京地方裁判所御中

         原告 三宅勝久  
         被告 杉並区長
         
非常勤職員報酬返還請求事件

請求の趣旨

1、被告は、杉並区非常勤職員増田寛也に対して、不当利得35万円および2016年10月7日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払うよう請求せよ。

2、被告が、杉並区非常勤職員増田寛也に対して35万円の不当利得返還の請求を怠る事実、ならびに2016年10月7日から支払い済まで年5分の割合による金員の請求を怠る事実がそれぞれ違法であることを確認する。

3、訴訟費用は被告の負担とする。

 との判決を求める。

請求の原因
第一、 当事者 
(1) 原告は杉並区民である。
(2) 被告は杉並区の区長である。

第二、 請求の相手方
 増田寛也は杉並区議非常勤職員(まち・ひと・しごと創生総合戦略担当顧問)の地位にある者である。
 
第三、 違法な公金支出
 2016年9月分月額報酬として被告が増田寛也に支出した35万円は違法・無効であり、増田の不当利得である。よって被告は、同人に対して35万円を返還請求する義務を負う。
 不当利得である理由は以下のとおりである。
“時給8万円の増田寛也顧問問題で住民訴訟提起へ” の続きを読む