憲法破壊の暴政を追放せよーー青空”太郎”教室で政治に目覚める若者たち

 日本は内戦状態にある。ある意味そういえるのかもしれない。

 為政者の地位にありながら憲法というルール無視の暴挙を繰り返し、憲法を完全に破壊して、国民の財産と命を犠牲にして、カネを儲けようとするひとにぎりの大企業や資本家、取り巻き勢力と、それにあらがう勢力との内戦である。

 サッカーであれ野球であれ、将棋であれ、囲碁であれ。双方がルールをまもってこそ対戦になる。審判を買収したり、ルールを破るならば、もはや試合ではなくなる。日本はそういう状況になりつつある。

 憲法、法治主義というルールをやぶるものと、それをまもるものとの闘いである。

 武器はなにか。

 憲法破壊勢力のもつ強力な武器は、商業マスメディアをつかった民衆の「白痴化」兵器だ。歪んだ情報を垂れ流すことによる「ウソも1000回繰り返せば本当になる」式の洗脳工作。知的武装解除である。高等教育を受けている人が往々にしてこの罠にかかる。むしろかかりやすいといってもいいのかもしれない。そして警察力を代表とする権力行使。抵抗すれば怖いことになるぞ、という恐怖を与えて麻痺させる。

 それに対抗する側には何があるのか。

 ウソを見抜けるだけの知性、長いものに巻かれない勇気、そして共感と連帯ではないだろうか。

 アベ政権は、もはやはっきりと国民に「死んでくれ」というメッセージを出している。抵抗しなければ殺される。これは隠しようのない現実である。

 そして、三宅洋平候補に支持が急速に集まっている。その多くはこの「死のメッセージ」に気づき、抵抗の声をあげはじめた人たちだろう。三宅洋平候補の応援をしている山本太郎参議院議員の演説はまるで青空政治教室である。大変勉強になる。集まった人たちは知的武装をし、勇気を得て家路につく。

CIMG1545

o0720072013683595368

CIMG1574
 「奨学金ローン」で借金づけにされ、長時間低賃金労働で追い立てられて疲弊し、勉強どころではない若者たちが、知的好奇心に目覚めはじめている。世の中のからくりに目をむけ、気付き、行動を起こそうとしている。

 いったん真理に目覚めれば、いかにだまそうとももはや無理だろう。もうどんな工作も簡単には通用しない。 

 この新しい政治の息吹に気づかない主流メディアがあるとすれば、企業として落日にあることの証拠だ。目覚めた市民はこの鈍感なメディアを見放し始めている。若者はテレビをもはや見ないし、信用もしない。

 腐敗した暴政を追放しようと日本の各地でいま起きている自発的な動きは、「革命運動」の名にふさわしい。  

==

生活の党・小沢一郎代表の政見放送を書き起こしたので紹介しておく。

===

 いま、安倍政権のもとで、アベノミクスと呼ばれる経済・金融政策が完全に破綻していることがわかってきました。
“憲法破壊の暴政を追放せよーー青空”太郎”教室で政治に目覚める若者たち” の続きを読む

支持者向け集会・報告の費用を税金に付け回し?/大熊昌巳自民杉並区議の「セコさ」に抗議して提訴

 自民党杉並区議・大熊昌巳氏の政務活動費(税金)をめぐり、政治活動など本来使えない目的に使っている疑いが濃いとして、総額43万円あまりの返還を求める住民訴訟を、本日(27日)東京地裁に起こした。原告は筆者ら計6人、被告は杉並区長である。

 事件番号は平成28年(行ウ)281号、民事51部の係属となった。

 大熊氏は2014年度の政務活動費で、パソコンの通信費や区政報告の郵送料・印刷料や、ホームページ管理費、支持者向け集会とおもわれる報告会のイス・ストーブ代など約80万円を支出。大半で按分なしの実費全額、または90%〜70%といった内容となっている。 

 税金である政務活動費は政治活動には使うことができず、明確に区分できない場合は「相当な割合」で按分しなければならない。パソコンの通信費はもちろん、区政報告や会のたぐいにおいても、政治活動が主たる目的であることは疑いの余地がない。

 大目に見ても50%が限度であるのが常識だが、大熊氏は一部で全額支出、按分したとしても90%や80%といった形ばかりの按分率を用いた。自民党や自身の政治活動の費用を税金につけ回す。そう言っても良い行為だろう。舛添前都知事の批判でつかわれた「セコい」という言葉がぴったりである。

〈関連記事〉
・自民党杉並区議会議員が政務活動費で”宣伝ビラ”大量印刷

・「区政報告」に按分は不要ーー「政務活動費で自民党の宣伝ビラ」に対して自民党8議員から回答届く

「あまりにもあり得ない」ー三宅洋平東京選挙区候補者・山本太郎応援演説

 主流メディアはおそらく意図的に無視をしているのだろうが、参院選東京選挙区の三宅洋平候補の運動は、注目に値する盛り上がりをみせている。あらたな政治のうねりの核になりはじめていることはまちがいない。

 26日夕方、新宿駅西口で行われた山本太郎参議院議員との選挙演説会には、目測で500人前後の聴衆があつまり、ときおり拍手をおくりながら熱心に聞き入った。

CIMG1549

 山本太郎議員の応援演説から紹介したい。

「あまりにもあり得ない」

山本太郎 6月26日新宿西口 三宅洋平東京選挙区候補者応援演説より

====

 2016年この7月に選挙が行われることをご存知のかた、どのくらいいらっしゃいますか?
・・・
 なるほど、そんなに多くない。前のほうの方だけですよね。選挙があるんですよ。7月10日、なっとうの日、なっとうの日と覚えてください。これかなり重要な選挙なんです。なぜか、かなりやばい状況になってきている “「あまりにもあり得ない」ー三宅洋平東京選挙区候補者・山本太郎応援演説” の続きを読む