労働法は被雇用者が守るもの?/自民杉並区議会派が事務員に提出させた「誓約書」にみる恐るべき知的劣化

 自民党政権によるなりふり構わぬ憲法破壊がここでもおきていたーーそんな戦慄を覚えるような事実に、またひとつぶつかった。

 杉並区議会自民党(脇坂たつや幹事長)が政務活動費をつかって事務員を雇用する際、被雇用者の女性に対して「労働法令を遵守」せよ、という趣旨の誓約書を提出させていたのだ。

 労働法を守る義務があるのは雇用主であって労働者ではない。民主主義の基本的仕組みを理解していないとしか思えない文面で、地方自治の専門家ならずとも、義務教育を受けた人ならただちに「おかしい」と思わなければいけない場面である。

 こんなものが堂々と通用していること自体が、いちじるしい憲法軽視と知的劣化が杉並区議会の与党の間に広がっていることを雄弁に物語っている。ガソリンと軽油、灯油の違いすら知らないド素人が旅客機の操縦席に居座ったまま好き放題をやり、乗客の運命をもてあそんでいるようなものだ。

 問題の文書は、「機密保持に関する誓約書」と出されたA4版1枚のワープロ書きで、日付は2014年3月20日付。宛名は「杉並区議会自由民主党 代表富本卓」とこれもワープロで印刷されており、誓約者の欄に直筆で事務員の名前・住所が書かれている。自民党会派で作成して、署名・提出を求めたものみられる。
CIMG1497

 問題の文面はその冒頭、第1条としてこうある。

 第1条 労働法令を遵守し、次に示される貴事務局の機密事項について、貴事務局(総務担当者)の許可なく、不正に開示又は不正に使用しないことを約束いたします。

①会派・団会議における発言の内容
②自由民主党党員名簿及びその記載内容
③杉並区議会自由民主党内の会話や発言等及び書面に記載された内容
 
 以下、「機密」を厳守するよう様々な条文がつづく。「不正」という文句もたびたび出てくる。だが一読して筆者は頭をかかえた。不正とはいったい何を基準に不正なのかわからない。そして冒頭の「労働法令」を遵守せよとはどういうことか。

 日本国憲法が基本的人権を保障するなか、労働基準法や労働組合法、労働安全法、男女雇用機会均等法などの労働関連法は、すべて労働者の権利を守るという趣旨で立法されている。労働者に守るべき義務を課すなどという条文も趣旨もないはずだ。

 念のため、東京労働相談情報センターに電話で尋ねてみた。

 ーー労働法令を遵守せよ、という誓約書を被雇用者に出させているのだが、被雇用者が守らなければいけない法令というのがあるのでしょうか。
“労働法は被雇用者が守るもの?/自民杉並区議会派が事務員に提出させた「誓約書」にみる恐るべき知的劣化” の続きを読む

保育所経営者の田中区議、超難関ゼロ歳児枠に愛児合格の背景に「年収規定撤廃」か

 年192万円の政務活動費を含めれば千数百万円の区議会議員報酬・期末手当がある。くわえて家業は認可保育園で役員を兼務。その報酬もある。補助金事業ゆえに倒産や失業はあり得ない。サラリーマンと異なり、時間の拘束度合ははるかに小さい。持家で家族も同居している。

 ――傍目には余裕のありそうな家庭の子どもが、はるかに困難であろうほかの家庭をさしおいて、超難関の保育所ゼロ歳児枠に合格する。

 奇妙というほかない出来事が杉並で起きている。

 田中ゆうたろう杉並区議(美しい杉並、自民党)の愛児が、自身の経営する明愛保育園のゼロ歳児枠に、10倍以上の競争率をくぐって”合格”した。しかも2年連続である。

 選考したのは杉並区である。いったいどんな選考がなされたのか。保育課に事情を聴いたところ、驚くような事実が発覚した。

 2013年9月に選考基準の見直しをした際、基本的な基準となる「指数」とあわせて、同点が複数いた場合の選考基準も大幅に見直された。そのなかで決定的な改編がなされていた。問題はその内容である。

 同一指数の人が複数いた場合、旧基準では、いくつかの判断基準のなかに「経済的状況(階層・所得税額)が低位の世帯」という項目があった。それら考慮して総合的に判断していた。ところが新基準ではこれが「経済的困窮度の高い世帯(保育料の階層区分がA・B階層に相当する世帯)」と変わっていたのだ。

 似ているようだが決定的にちがう。A・B階層とは生活保護受給世帯である。つまり旧基準が、経済的により困っている人を優先しましょうという考え方だったのに対し、新基準は、生活保護世帯以外は横並び、いっさい考慮しません、というふうになったのだ。

  早い話、100万円の年収の家庭と1億円の家庭がまったく同列に扱われるようになった。1000万円を軽く超す年収の田中議員の愛児が難関を突破できたのは、この年収条項が撤廃されたからこそだった。旧基準であれば採用にならなかった可能性が高い。

 保育所というのが両親が働くためのインフラであることを考えれば、より時間的・経済的なゆとりのない人が優先して使えるべきだろう。なぜ撤廃したのか理解困難である。

 保育課に事情を尋ねたところ、旧基準がわかりにくいといった声が区民や議員から出され、見直しを行ったとの説明がなされた。しかし実のある説明は得られなかった。課長から直接説明してもらえないか職員に申し入れたが、実現しなかった。

 追って調査したい。