ドキュメンタリー映画『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』完成

 フォトジャーナリスト・豊田直巳さんから新作映画のご案内をいただいた。
題して『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』。楽しみである。商業主流メディアとアベ様のNHKが堕落の極みに達しているが、こうした草の根運動に支えられた自主制作として良質の作品が生まれているのは救いである。

多くの方にご覧いただきたい。

===
(以下、豊田氏の案内から転載する)
 
 皆さんのご協力を得て、1年以上に渡って撮影させていただいた
福島県飯舘村から、村を追われた人々の原発震災5年後の
こころの中を少しだけで垣間見れるドキュメンタリーを製作しました。
 ドキュメンタリー『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』です。

このお披露目を今月(6月)30日に渋谷の光塾でも準備しております。
また、さっそく、明日15日よりDVDの先行予約(特典付き)を受け付けます。
是非、以下の公式ホームページをご覧になって、
http://ubawaretamura.strikingly.com
30日に足をお運びいただくか、DVDのご予約をお願いいたします。
 
 なお、商品としてのDVDはいま現在、製造(?)中ですので、お手元にお送りお届けできるのは
7月中旬になると思いますが、ご勘弁ください。

お世話になった方々、ご協力をいただいている方々に感謝しつつ
まずは、お礼とお知らせまで
2016年6月 豊田直巳拝

豊田の共同監督 映画『遺言~原発さえなければ』 http://yuigon-fukushima.com/
同映画の応援サイト https://motion-gallery.net/projects/yuigon_fukushima

豊田直巳公式HP『境界線の記憶』http://www.ne.jp/asahi/n/toyoda/
豊田直巳戦火の子どもたち写真展を広げる会
   http://senka-kodomotachi.cocolog-nifty.com/blog/1/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■