チョムスキーインタビュー「人類破滅への行進を望むトランプ氏」

デモクラシーナウ
の最新記事より、ノーム=チョムスキー・米国マサチューセッツ大教授のインタビューを引き続き翻訳して紹介します。聞き手はエイミー=グッドマンさん。(意味がとれなかった部分など一部省略しています。拙い訳ですがご容赦ねがいます。誤訳のご指摘、ご意見等お待ちしています)。

Chomsky on Trump’s Climate Denialism: He Wants Us to March Toward the Destruction of the Species
May 16, 2016

【チョムスキー氏インタビュー/地球温暖化を軽視するトランプ氏、人類破滅への行進を望む】

A(エイミー=グッドマン):共和党候補のトップをはしっているドナルト=トランプ氏が先月、地球温暖化を軽視する発言をしました。

トランプ:「オバマ大統領は我が国にとって最大の脅威は地球温暖化だと言った。勘弁してほしいよ。我が国にとって最大の脅威は核だ。イランが核兵器を持つことを許してはならない」

A: このトランプ氏ーーアメリカ大統領になる可能性のある人物ですがーーの発言についてどう考えますか。

N(ノース=チョムスキー):とてもこわい考え方です。ひとつは、かれがなにを考えているのかを知ることは簡単ではないということ。彼自身自分が考えていることを知っているのかすら疑わしい。彼は何をするかわからないタイプだ。あらゆる種類の発言が出てくる。しばしば数分のうちに発言を否定する発言が出てくる。ペテンの類だ。
 しかし、彼の姿勢にはいくつかのはっきりした傾向がある。

「地球温暖化などない。勘弁してほしい。そんなことは問題じゃない」

「がけっぷちまでできるだけ早く競争しよう」

 こうした言葉は抽象的な話ではない。

 これはすでに、共和党の立場に大きな影響を与えている。そして注意しなければならないのは、これはトランプではないということだ。共和党候補の100%が基本的に同じ立場をとっているのだ。彼らはいっている。

「経済協定(EPA)から自由になろう。規制から自由になろう。みんなジョークだ。リベラルないんちきだ」

などなど。こうした発言が影響をもってきている。

 昨年12月のパリの地球温暖化会議は温暖化防止のために制限をもうける条約を締結するはずだった。不十分ではあるが、それでもなんらかの意味はあった。しかしそれすらできなかった。理由はひとつ共和党の議員が条約締結を受け入れなかったためである。
 このことは世界に知れた。条約締結の希望がだいなしにされたからだ。かわりに自主的な合意がなされたが、あきらかに効力の弱いものとなった。
石炭規制に関するオバマ大統領の大変穏やかな提案に対して共和党は最高裁で反撃した。その際、世界にむけてまたこういうメッセージをだした。

 「なにをやろうが気にするな。世界最大でもっとも力のある国だ、気にせず前に進んですきなことをやれ」

 これが「崖っぷちまで競争しよう」の意味である。とおい先の話ではない。何百年という単位の話でもない。何十年の話なのだ。こうした出来事をみるのはただショックというほかない。

 そしていま、トランプ氏ははっきりと核兵器はとても深刻な脅威であると述べた。そして最悪の可能性として例(イラン)をあげた。
 イランは脅威ではない。世界はイランを脅威とはみていない。アメリカの脅迫観念にすぎない。

“チョムスキーインタビュー「人類破滅への行進を望むトランプ氏」” の続きを読む