『フィデル・カストローみずから語る革命家人生』より

 ーーキューバは、一種の〈医療大国〉になったのですね。

C(カストロ) まあ、その用語が適切かどうかわからないが、いま言えるのは、キューバには医師が7万人おり。別に2万5000人の若者が医学を学んでいるということだ。この点でキューバは人類史上、追随を許さない特別な地位を疑いなく占めている。誇張でも、口先だけのことでもない。
(中略)
・・・キューバは最大の医師養成国で、米国の10倍も医師を養成することができると思う。米国はキューバ人医師の半分を奪い去り、キューバを無医師国に陥らせようとしたが、我々の回答は、この医師の数の大きさだ。

ーー2005年の8月から9月にかけてハリケーン「カトリーナ」がニューオーリンズを破壊したとき、キューバは米国に医療援助をしたいと申し入れましたね。

C そうだ。1610人の医師を派遣したいと申し入れた。二番目のハリケーンが通過する前には、さらに多くの医師を派遣したいと提案した。彼らが行けば、多くの人名を救うことができたはずだ。だが米政府は面子のために、自国の市民が家々の屋根、誰も救出してくれない病院の屋上、競技場、避難所などで死んでいく方を選んだのだ。避難所では、溺死という最終的な悲劇を避けるためとして安楽死させられた者さえいた。
 これが、人権擁護者を自認する国の実態なのだ。これが1959年にキューバから医師をなくしてしまおうとした国なのだ。だが結局、医師がいなくなったのはこの国ではないか。医師が最も必要なときにいないのだ。・・

『フィデル・カストロ みずから語る革命家人生』(イグナシオ・ラモネ著、伊高浩昭訳、岩波書店上巻より)