「記憶の川で」

「記憶の川で」

忘却という言葉さえ
それは在ったということを消しようのない
証しとなる
生きて暮らしてそれを忘れたい
心のかたすみのくらいところで
そんなことがささやかれるときも
思い出として残る事象の
ずっしりとした手ごたえに圧倒される
人はいつも
忘れたいと願うことや
覚えておきたいと願う記憶の川を下って
流れの元は忘れていない
それを暖める故に
あるとき
ふっと忘れてかるくなりたいと思ったり
折り重なる思い出の上に豊かになりたいと思ったりするのだ
自己の変革を企てても
うまく成し遂げたと
自ら喝采することのできないことを
知りつくしている
さびしい生きもの

『記憶の川で』(塔和子、編集工房ノア)より