「“ 日本軍が朝鮮女性等に 強制的 ” に売春行為をさせた事実などない」吉田あい杉並区議発言を検証する④


「“ 日本軍が朝鮮女性等に 強制的 ” に売春行為をさせた事実などない事は、今や周知の事実です」
 
 吉田あい杉並区議のブログ発言について、検証をつづけたい。http://yoshida-ai.com/index.php?itemid=992
 吉田氏が根拠のひとつとしてあげる原審山口地裁下関支部の裁判について、一審判決の事実認定を引き続き紹介する。なお2審広島高裁判決、ならびに最高裁判決については、1審判決の検証が終わったのちにみていく。
 今回紹介するのは、原告李順徳(イ・スントク)氏の被害体験である。
山口地裁下関支部平4年(ワ)349号・同5年(ワ)373号・同6年(ワ)51号事件1998年4月27日判決の事実認定部分より引用。
===
2 慰安婦原告らの被害事実

 反証はまったくないものの、高齢のためか、慰安婦原告らの陳述書やその本人尋問の結果によっても、同原告らが慰安婦とされた経緯や慰安所の実態等については、なお明瞭かつ詳細な事実の確定が殆ど不
可能な証拠状態にあるため、ここでは、ひとまず証拠の内容を摘記した上、末尾(別紙1=筆者注)においてその証拠価値を吟味し、確実と思われる事実を認定することとする。
(中略)
原告朴李順徳の陳述と供述

(三)原告李順徳(イ・スントク)の陳述と供述

(1)原告李順徳は、陰暦1918年、朝鮮全羅北道裡郡慕懸で生まれた。同女は、父母が出稼ぎに出ているため、家事一切を切り回していた。

 同女は、昭和12年(1937年)の春、満17、18歳のろ、夕食の準備をするため畑の畦道で蓬を摘んでいたところ、40歳くらいの朝鮮人の男から、

「そんなことをしているよりも自分についてくれば、履き物もやるし着物もやる。腹一杯食べられるところに連
れて行ってやる。」

 と声をかけられた。同女は、家が貧しく満足な履き物もなく、空腹を癒すことに精一杯の生活を送っていたため、その男の誘いに応じてついて行くことに決めた。同女が「父母に挨拶してから行きたい。」と懇請したにもかかわらず、その男は、「時間がない。急ごう。」と言って、同女の手を引っ張って行った。同女は、男
から手を取られて引っ張られたことに驚き、恐ろしく恥ずかしくて、そのまま泣きながら連れて行かれた。同女は、その途中、その男の前を歩かされ、約1時間後に裡里邑の旅館に連れて行かれた。同旅館の部屋は、外から鍵がかけられ、同女の同じような年齢の娘たちが14,5人おり、いずれもどこに何のために連れて行かれるのか分からず泣いていた。

 翌日、カーキ色の服を着てゲートルを巻き腰にサーベルをぶら下げた旧日本軍の軍人3人が、同女らを裡里駅から列車に乗せて3日かけて上海駅まで連れて行った。上海駅に着いた後、同女らは、幌のないトラックの荷台に乗せられ、右軍人のうち1人は運転席の横に座り、残りの2人は荷台に乗った。右トラックの運転手も旧日本軍の軍人であった。同女らは、約3時間くらいトラックに乗せられ、旧日本陸軍の駐屯地に連れて行かれた。

(2)同女らは、陸軍駐屯地の大きな軍用テントの近くに転々と置かれた小屋に1人ずつ入れられた。その小屋は、むしろの壁に萩の木で編んで作った傾斜のない屋根が葺かれ、2、3畳の広さの床は枯れ葉
を敷いた上にござを敷き、その上に国防色の毛布を敷いた粗末な造りであった。そのため、雨が降ると雨水がたくさん漏れてきた。同女は、軍服と同じ色の上着とモンペを支給され、最初の2日間に血液検査と
「606号」という注射を打たれた。その「606号」という注射は、その後も2週間に1回の割合で打たれた。

(3)陸軍駐屯地に入れられて4日目に、星が3個ついた軍服を着たミヤザキという年輩の将校が小屋に入ってきて、同女に対して執拗に性交を迫り、これに抵抗できなくなった同女を3日間にわたり毎晩犯
した。その後、多くの軍人が小屋の前に行列をつくり、次から次へと同女を強姦し、昭和20年(1945年)8月の解放のときまで約8年間、毎日朝9時から、平日は8、9人、日曜日は17、8人の軍人が、小屋の中で同女を強姦し続けた。

(4)同女は、昭和20年(1945年)6、7月ころ、ある兵隊から、「自分と約束しているのになぜ他の男と寝たのか。」と責め立てられ、軍靴で腹を蹴り上げられたり、刀で背中を切りつけられたりしたこともあった。そのときの傷痕は現在でも同女の体に遺っており、今でも痛みがあり、特に雨の降る日などは胸がうずき、めまいなどのために歩くことさえままならない症状に悩まされている。同女は、右の暴行による傷の治療を1週間受けただけで、また軍人との性交渉を強要された。

(5)昭和20年(1945年)の日本の敗戦後、陸軍駐屯地から日本人の軍人はいなくなり、残された同女は、「解放だ。帰ろう。」と叫びながら集ってきた朝鮮人とともに、屋根のない貨車に乗って何日もかけてようやく家に帰ることができた。同女が家に帰ると両親は既に亡くなっており、弟が叔母の家に身を寄せていた。両親は、同女を捜し回り、絶望して亡くなってしまっていた。同女は、弟にも、後に2度結婚した夫に対しても、自己の被害事実を隠し通してきた。同女は、2度の結婚生活の間、子供ができず、婦人科の診察を受けて初めて自己の子宮が変形しており、子供ができない体になっていることを知った。

別紙

3 原告李順徳の被害事実

1 原告李順徳は、陰暦1918年、朝鮮全羅北道裡里郡慕懸(モヒョン)で生まれた。同原告は、父母が出稼ぎに出ているため、家事一切を切り回していた。同原告は、1937年の春、満17、8歳のころ、夕食の準備をするため畑のあぜ道で蓬を摘んでいたところ、40歳くらいの朝鮮人の男から

「そんな事をしているよりも、自分についてくれば、履物もやるし着物もやる。腹一杯食べられるところに連れて行ってやる。」

 と誘われた。同原告は、家が貧しく満足な履物もなく、空腹を癒すことに精一杯の生活を送っていたため、その男の誘いに応じてついていくことに決めた。同原告が父母に挨拶してから行きたいと懇請したにもかかわらず、その男は時間がない、急ごうと言って同原告の手を取って引っ張っていった。同原告は、男から手を取られて引っ張られて行ったことに驚き、恐ろしくて、恥ずかしくて、そのまま泣きながら連れて行かれた。

 同原告は、途中、その男の前を歩かされ、約1時間後に裡里(イーリー)邑の旅館に連れて行かれた。同旅館の部屋は、外から鍵がかけられ、同原告と同じような年齢の娘たちが一四、五人おり、いずれもどこに何のために連れて行かれるのか分からず泣いていた。

 翌日、カーキ色の服を着てゲートルを巻き腰にサーベルをぶらさげた旧日本軍の軍人3人が、同原告ら娘たちを裡里駅から列車に乗せて3日かけて上海駅まで連れて行った。上海駅に着いた後、同原告ら娘たちは、幌のないトラックの荷台に乗せられ、右軍人のうち1人は運転席の横に座り、残り2人は荷台に乗った。同トラックの運転手も旧日本軍の軍人であった。同原告ら娘たちは、約3時間位トラックに乗せられ、旧日本陸軍の駐屯地(以下、「陸軍駐屯地」という。)に連れて行かれた。

2 同原告ら娘たちは、陸軍駐屯地の大きな軍用テントの近くに転々と置かれた小屋に1人ずつ入れられた。その小屋は、甲第3号証(略)の図のとおり、筵のようなもので壁が覆われ、萩の木を編んで作った傾斜のない屋根が葺かれ、2、3畳の広さの床は枯れ葉を敷いた上にござを敷いて、その上に国防色の毛布を敷いた粗末な造りであったため、雨水が漏れたり雪が降り込んだりして不生極まりないものであった。

 同原告は、軍服と同じ色の上着とモンペを支給され、最初の2日間に血液検査と「606号」という注射を打たれた。「606号」という注射は、その後も2週間に1回の割合で行われた。

 陸軍駐屯地に連れて来られて4日目、星が3個ついた軍服を着たミヤザキという名の年配の将校が小屋に入ってきて、同原告に対して執拗に性交渉を迫り、これに抗することができなくなった同原告を3日間にわたり毎晩犯した。同原告は処女であった。その後、多くの軍人が最初は暴力で同原告の反抗を抑圧して強姦し、抵抗することを諦めた同原告を引き続き、1945年8月の解放の時まで約8年間、毎日朝9時から、平日は8、9人、日曜日は、17、8人の軍人が、小屋の中で同原告を強姦し続けた。

 1945年6、月ころ、ある兵隊が自分と約束しているのに何故他の男と寝たのかと同原告を責め立て、軍靴で同原告の腹を蹴り上げ、刀で背中を斬りつけた。その傷跡は甲第四号証のとおり、同原告の体に克明に残っており、同原告は、今現在も痛みが残り、特に雨が降ろうかという日や雨の降る日などは、胸や腹がうずき、めまい等のために歩くことさえままならない症状に悩まされている。同原告は、右暴行による傷の治療を1週間受けただけで、軍人との性交渉を強要され続けた。

3 同原告を連行した者が旧日本軍の軍人であること、同原告が収容された小屋が陸軍駐屯地に近接した施設であること、定期的に駐屯地内で「606号」という注射を打たれたこと、小屋を兵隊が常時監視
していたこと、軍人のみを相手にしていたこと等に照らせば、同原告は、旧日本軍の強制により連行され、約八年間、民間人の関与が全くない中、旧日本軍により監禁され強姦され続けたものである。

4 1945年の日本の敗戦すなわち解放後、陸軍駐屯地から日本人の軍人はいなくなり、残された同原告は、「解放だ。帰ろう。」と集まった朝鮮人らとともに、屋根のない貨車に乗って何日もかけてようやく家に帰ることができた。同原告が家に帰ると既に両親は亡くなっており、弟が叔母の家に身を寄せていた。両親は、同原告を捜し回り、絶望して亡くなってしまっていた。同原告は、弟にも、後に2度結婚したそれぞれの夫にも、自分の被害事実を隠し通してきた。2度の結婚生活の間、子どもができず、婦人科の診察を受けて初めて、自分の子宮が変形して子どもができない体になってしまっていたことを知った。同原告は、旧日本軍によって純朴な娘の一生を台無しにされたこと及び日本政府が同原告に対して国家補償を拒否してきたことについて、憤怒の念を強めている。

 しかも、同原告の被害事実は、一貫して旧日本軍の強制によるものであり、いわゆる公娼制度といえるような事実は全く見当たらない。同原告が新聞を読む能力がなく、また、テレビ報道を理解できないこ
ととしても、同原告が凛としてその被害事実を公にしているにもかかわらず、同原告らを含む従軍慰安婦が公娼であったと断ずる発言を公にすることが、同原告の名誉を侵害することは明らかである。

杉並第一小学校の耐震性に問題なし 「解体―複合ビル化」の理由に疑問

 杉並第一小学校(東京都杉並区阿佐ヶ谷北)を取り壊し、地域区民センターなど他施設との複合施設としてビル化する計画をめぐり、区が計画の理由として説明している「老朽化」に疑問があることがわかった。

 筆者の取材に対し、区が1月8日で回答してきた内容によれば、現在の杉一小学校施設は、2010、11年度の2年間をかけて耐震補強工事を実施しており、その結果、耐震性には問題がないとの診断がなされている。

 工事は9660万円をかけて実施、耐震ブレース設置、柱補強、鉄筋コンクリート耐力壁設置、既存鉄筋コンクリート耐力壁増し打ち、といった措置を行い、耐震性能を確保(IS値=0・7)したという。

 耐震上問題がなく、約1億円もかけて補修したばかりの施設をなぜ取り壊し、建設期間が3年という長い時間をかけて、ビル型の複合施設にしなければならないのか。区は、杉一小学校が昭和30-40年代につくられ、50年をすぎていることから、コンクリートの耐用年数を考えて築65年までに建て替えるべきだと判断したという。

 しかしそうだとしてもなお疑問は残る。単に建て替えるだけなら工費も安く、工期も短くてすむだろうが、区の計画する複合施設とは、①地上4階で運動場を屋上に設置、②地上7階で運動場を地面に確保――といういずれの案にしても大きな建物である。教育環境が大きく変わるうえ、工期が3年もかかる。

 なぜ複合なのかという質問については、学校整備課は「コストが安くなる」などと口頭で回答した。では、いったい複合施設の建設費をどのくらいとみているのかと尋ねたところ、「設計してみないとわからない」というのだ。

 基本のアイデアがわからないのに設計を発注できるはずがない。建設コストなど最初から考慮しておらず、ただ大きなハコモノをつくることを当初から考え、拙速に計画がつくられた可能性は否定できない。

 あるいは、地域区民センターの敷地(東京電力から月額512万円で借用)や産業商工会館(耐震性に問題があり、取り壊す予定)の区有地をつかって、なんらかの”ビジネス”をたくらんでいることも考えられる。

 いずれにしても、田中良区長による区民おきざりの強引な区政運営は、とても「5つ星の役所」の名にふさわしいとは思えない。区議会も体制翼賛的になっており、首長の独走に対して十分な監視機能を果たしていないようだ。

 なお、杉一小「複合施設」問題をめぐっては、以下の日程で区による説明会が予定されている。

 1/23(土)15時30分~ 杉一小保護者説明会 杉一小体育館
 1/27(水)19時00分~ 杉一小改築・複合化説明会(主に地域住民、施設利用者対象) 杉一小体育館

 

「“ 日本軍が朝鮮女性等に 強制的 ” に売春行為をさせた事実などない」吉田あい杉並区議発言を検証する③


「“ 日本軍が朝鮮女性等に 強制的 ” に売春行為をさせた事実などない事は、今や周知の事実です」
 
 吉田あい杉並区議はブログ上でそう発言している。http://yoshida-ai.com/index.php?itemid=992

 吉田氏が根拠のひとつとしてあげる原審山口地裁下関支部の裁判について、一審判決の事実認定を引き続き紹介する。なお2審広島高裁判決、ならびに最高裁判決については、1審判決の検証が終わったのちにみていきたい。

 今回紹介するのは、原告朴頭理(パク・トゥリ、故人)氏の被害体験である。

山口地裁下関支部平4年(ワ)349号・同5年(ワ)373号・同6年(ワ)51号事件1998年4月27日判決の事実認定部分より引用。

===

2 慰安婦原告らの被害事実

 反証はまったくないものの、高齢のためか、慰安婦原告らの陳述書やその本人尋問の結果によっても、同原告らが慰安婦とされた経緯や慰安所の実態等については、なお明瞭かつ詳細な事実の確定が殆ど不
可能な証拠状態にあるため、ここでは、ひとまず証拠の内容を摘記した上、末尾(別紙1=筆者注)においてその証拠価値を吟味し、確実と思われる事実を認定することとする。

(中略)

原告朴頭理の陳述と供述

(1) 原告朴頭理(パク=トゥリ、故人)は、陰暦1924年(大正13年)、現韓国慶尚南道三浪津郡で生まれた。同女は、七人兄弟の一番上に生まれ、弟3人と妹3人がおり、家の暮らしぶりは非常に貧しかったため、自分が働いて金を稼いで家に入れなければならないと思っていた。同女が数えで17歳のころ、3人の男が娘たちを集めるために、同女らの家族が住んでいた村にやってきた。同女の家にも、50歳以上と思われる朝鮮語と日本語を話す男が訪ねてきて、同女に対し、「日本の工場で金になる仕事がある。」と話しかけてきた。同女は、日本の工場に行って働き、一儲けして父母を養いながら嫁に行きたいと考え、その男の話を信用して日本の工場へ働きに行くことに決めた。同女は、父母に対し、「日本で稼いで家族に仕送りがしたい。」と申し出たところ、父母はこれを疑うこともなく反対もしなかった。その後、同女を勧誘した男が、同女と10人くらいの村の娘らを一緒に釜山に連れて行った。同女は、釜山から大きな船に乗せられて台湾に連れて行かれた。

(2)船酔いがひどかった同女は、病院に入院した後、慰安所に連れて行かれた。同女を勧誘した男が慰安所の主人であった。主人は、同女に対し、「客をとれ。」と述べ、同女は、「それは話が違う。」と逃げようと考えたが、言葉も道も分からず、頼れる人も知っている人もいないため逃げることはできなかった。同女は、男と接したのはその時が初めてであり、乱暴な暴行を受け、軍人たちから強姦された。日本人の軍人が客の多数を占めていたので、慰安所において朝鮮語を使うことは暴力によって禁止されており、同女の呼び名も「フジコ」であった。

(3)同女は、1日に10人前後の男の相手をさせられ、性交渉を強要された。休みは1か月に1日だけであり、自由な外出もできなかった。慰安所での食事は粗末であり、食べたい物を買う金もなく、あまりの空腹のため慰安所の近くのバナナ園のバナナを取って食べ、そのことでバナナ園の主からも、慰安所の主人からもひどく叩かれたことがある。同女は、台湾にいた5年間、慰安所の主人から金をもらったことはなく、位の高い軍人の客からもらうチップも、慰安婦として身綺麗にしておくための化粧品を買える程度のものだった。国民学校に通っていた弟が「文房具を買ってほしい。」と同女宛てに書いた手紙が届いた際、同女は金が1銭もなく、泣いていたため、他の慰安婦の娘たちが同情して募金をしてくれ、その金で文房具を買って弟に送ってやったこともあった。同女は、慰安婦として長年性交渉を強いられたことにより、右の太股の下がパンパンに腫れ上がるという病気に罹り、その手術痕が現在でも遺っている。

(4)同女は、敗戦後、慰安所の管理人であった朝鮮人の男に連れられて船で故郷に帰った。同女は、父母に対し、「台湾にある日本の工場で働いていたが給与はもらえなかった。」と虚偽の事実を述べた。その後、同女は、結婚し子供も生まれたが、台湾の慰安所での生活のことは隠し通してきた。同女は、本件訴訟提起により慰安婦であったことを実名にて初めて公表した。



別紙1

原告朴頭理の被害事実

1 原告朴頭理は、陰暦1924年、現在の韓国慶尚南道三浪津(サムナンチン)郡にて、父丙松夫と母戊春子の間に生まれた。同原告は、7人兄弟の一番上に生まれ、弟3人と妹3人がおり、家の暮らしぶりは非常に貧しかったため、自分が働いてお金を稼いで家に入れなければならないと思っていた。同原告が数えで17歳のころ、道長の所でどこの家に娘がいるかを調べてきたという男たちが娘たちを集めるため、同原告ら家族が住んでいた村にやって来た。同原告の家にも、50歳以上と思われる朝鮮語と日本語を話す男が訪ねてきて、同原告に対し「日本の工場でお金になる仕事がある。」と勧誘した。同原告は、日本の工場へ行って働いて、一儲けして父母を養いながら嫁に行きたいと考え、その男の話を信用して日本の工場へ働きに行くことを決めた。同原告は、父母に日本で稼いで家族に仕送りがしたいと告げ、父母はこれを疑うこともなく反対もしなかった。
 
 その後、同原告を勧誘した男が、同原告と10人くらいの村の娘らを一緒に釜山へ連れて行った。同原告は、釜山から大きな船に乗せられ台湾に連れて行かれた。

2 船酔いがひどかった同原告は、病院に入院した後、慰安所に連れて行かれた。同原告を勧誘した男が慰安所の主人であった。主人は、同原告に対して、客を取れと言い、同原告は、それは話が違うと逃げようと考えたが、言葉も道も分からない、頼れる人も知っている人もないため、逃げることはできなかった。同原告は、男と接したのはその時が初めてであり、幾ら反抗しても、乱暴な暴行を受けたことにより、反抗を抑圧され、軍人たちとの性交渉を強要され、もって強姦された。
 
 慰安所の客は日本人の軍人が多数を占めていたので、同所にて朝鮮語を使うことは暴力によって禁止されており、同原告の呼び名も「フジコ」であった。同原告は1日10人前後の男の相手をさせられ、性交渉を強要されない休みの日は1ケ月に1日だけであり、自由な外出もできなかった。

 慰安所での食事は貧粗であって、食べたい物を買うお金もなく、あまりの空腹のため慰安所の近くのバナナ園のバナナを取って食べ、そのことでバナナ園の主からも慰安所の主人からもひどく叩かれたことがある。同原告は、台湾にいた5年間、慰安所の主人からお金をもらったことはなく、位の高い軍人のお客からもらうチップも、慰安婦として身綺麗にしておくための化粧品を買える程度のものだった。国民学校に通っていた弟が文房具を買って送って下さいと同原告に宛てた手紙が来た際、お金が1銭もなく泣いていた同原告を他の慰安婦をさせられていた娘たちが同情して募金したお金で文房具を買って弟に送ったことがあった。

同原告は、性交渉により右側の太股の下の方がパンパンに腫れ上がるという病気に罹り、その手術の痕が残っている。

3 確かに、同原告が慰安婦をさせられた慰安所の設置管理が旧日本軍によって行われたものかは明らかでない。しかし、同原告の供述によれば、台湾での5年間、旧日本軍の部隊が移動するのに合わせて、慰安婦らもトラックに乗せられて移動させられたこと、慰安婦の性交渉の相手のほとんどが日本人の軍人であったことから、いわゆる部隊お抱えの私設慰安所であったと考えられる。このような私設慰安所が存在したことは、甲27号証の123頁乃至126頁に記述されている。同記述によれば、部隊の宿舎の近くで、部隊が軍からの公認を受けずに慰安所を女将に経営させ、同所を連隊命令を受けた兵士が監視していたのであり、軍もかかる私設慰安所の解散を部隊に命ずることなく放任していたことが窺える。

4 同原告は、日本の敗戦すなわち解放後、当時の慰安所の管理人であった朝鮮人の男に連れられて船で故郷に帰った。同原告は、父母に対し、台湾にある日本の工場で働いてきたがお金はもらえなかったと告げた。

 その後、同原告は、結婚し子どもも生れれたが、台湾での被害事実は隠し通してきた。同原告が1992年の本件訴訟提起によりその被害事実を実名にて初めて公にしたその3年後、1995年に同原告本人尋問が行われた。

 同原告は、被告が同人の被害事実に対して何ら国家賠償も国家補償もしないこと、被告は同人が死して黙するのを待っているのではないかという強い憤りの念を持っている。現在まで何ら被告が法的責任を認めた上での謝罪と賠償・補償がなされない故に、同原告の精神的苦痛は増大するばかりである。

つづく

田中ゆうたろう杉並区議がトランプ氏なみ憎悪発言 君が代拒否議員を「即刻つまみだしてもらいたい」


1月11日に開催された杉並区の成人式で君が代を歌う場面になって起立して歌わなかった議員がいたことについて、田中ゆうたろう杉並区議が自身のブログの記事で、「ああいう破廉恥な議員は即刻つまみ出してもらいたいものです」などと、ほとんどヘイトスピーチ(憎悪表現)といってもいいような表現で非難している。

http://blog.tanakayutaro.net/article/171739505.html

===

(一部引用)

毎年のことではあるのですが、今年もやはり、式典冒頭の国歌斉唱で、起立もせず、国旗に正対もせず、もちろん君が代など歌いもしない、実にみっともない議員が若干名存在していたのです。
大勢の新成人が見ている前で、いい年をしたオジサンやオバサン、それも区民の負託を受け議席を頂戴している者達が、座ったままだんまりを決め込んでいるのです。
 一体何を考えているのでしょうか。
 同じ議員として恥ずかしい、また新成人の皆様にはせっかくの晴れの門出を汚してしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 本当に、ああいう破廉恥な議員は即刻つまみ出してもらいたいものです。
 新成人の皆様、わかっておられると思いますが、マネしないで下さいね。
 そして、できれば名前や顔を覚えておき、次の選挙でさっそく今日のお返しをしてやることです。
 本当に、ああいう破廉恥な議員は即刻つまみ出してもらいたいものです。 新成人の皆様、わかっておられると思いますが、マネしないで下さいね。 そして、できれば名前や顔を覚えておき、次の選挙でさっそく今日のお返しをしてやることです。

===

日の丸・君が代をどう思うかは個人の気持ちの問題であって、それぞれちがうのは当然である。そして公の場で起立なり歌うことを主催者が呼びかけたときにどのように行動するかも、それぞれの自由である。日の丸に正対せず、君が代を立って歌わない人を見た田中氏が「破廉恥だ」と感じること、みっともないと感じること、晴れの門出を汚した、出席した新成人に対して申し訳ない、「即刻つまみ出してもらいたい」と思うこと、それ自体は田中氏の内心の自由である。

しかし個人的に思ったことをブログといった公の場で発言するとなると別である。田中氏は、破廉恥だからつまみだしてほしい、と公言している。これはすなわち、自分とちがう考えを排除しようとする行為にほかならない。他者を尊重しない傲慢な問題発言というほかない。議会制民主主義を実現するために選出された議員という立場がまったく理解できていない。

大日本帝国の侵略戦争でときの政府や軍、軍属がどれほどの破廉恥で残虐な行為をおこなったかを考えれば、またその侵略の場面につねに「日の丸」と「君が代」があったことを考えれば、起立したくない、歌いたくないと思うほうが当然だろう。それを「つまみ出してもらいたい」と議員の立場にありながら言うこと自体、歴史に目を閉じたはずかしい行為というべきである。

“ 日本軍が朝鮮女性等に 強制的 ” に売春行為をさせた事実などない―吉田あい議員発言の検証②


「“ 日本軍が朝鮮女性等に 強制的 ” に売春行為をさせた事実などない事は、今や周知の事実です」という吉田あい杉並区議のブログ上の発言について、http://yoshida-ai.com/index.php?itemid=992

 吉田氏は根拠のひとつとして裁判をあげている。その山口地裁下関支部判決の認定事実を引き続き紹介する。なお2審広島高裁判決、ならびに最高裁判決については、1審判決の検証が終わったのちにみていきたい。

 今回紹介するのは、原告河順女(ハ=スンニョ、故人)氏の被害体験である。

山口地裁下関支部平4年(ワ)349号・同5年(ワ)373号・同6年(ワ)51号事件1998年4月27日判決の事実認定部分より引用。

======
2 慰安婦原告らの被害事実

 反証はまったくないものの、高齢のためか、慰安婦原告らの陳述書やその本人尋問の結果によっても、同原告らが慰安婦とされた経緯や慰安所の実態等については、なお明瞭かつ詳細な事実の確定が殆ど不可能な証拠状態にあるため、ここでは、ひとまず証拠の内容を摘記した上、末尾(別紙1=筆者注)においてその証拠価値を吟味し、確実と思われる事実を認定することとする。

(一)原告河順女(ハ=スンニョ)の陳述

(1)原告河順女は、大正7年(1918年)、現韓国全羅南道木浦市で生まれた。家は貧しく、藁葺き部屋二つであった。同原告は、19歳であった昭和12 年(1937年)の春ころ、現韓国全羅南道光州市で呉服屋を経営していた社長宅に住み込みの家政婦として働いていたが、買い物のために外出したとき、洋服 を着た日本人と韓国式の服を着た朝鮮人の2人の青年から、「金儲けができる。仕事があるからついてこないか。」と声をかけられた。同女は、当時としては婚期に遅れた年齢にあり、金儲けがしたいと思っていた矢先であったので、どんな仕事をするかわからないまま、彼らを信用してついて行くことにした。同女は、 朝鮮の港から大阪に連れて行かれ、大阪で一泊した後、再び船に乗せられるなどして、上海に連れて行かれた。

(2)同女は、上海のアメリカ人かフランス人の租界区の近くにある「陸軍部慰安所」と書かれた看板が掲げられている長屋に連れて行かれた。同女を勧誘した 日本人の男性が慰安所の主人であった。右長屋は、人が2人やっと寝ることができる程度の広さの、窓ない30室位の小部屋に区切られており、同女は、その一 部屋を割り当てられた。同女は、右部屋で炊事・洗濯の仕事をさせられるものと思っていた。しかし、右長屋の一部屋を割り当てられた翌日、カーキ色をした陸 軍の服を来た日本人の男が部屋に入ってきて、同女を殴って服を脱がせたため、同女は悲鳴を上げて逃げようとしたが、部屋の戸に鍵ががかっており、逃げることができなかった。

(3)同女は、その翌日から、右部屋において、生理のときを除いて毎日朝9時から夜2時くらいまで、軍人との性交渉を強要され続けた。慰安所の主人の妻が 軍人から金をもらっていたが、同女は一度も金をもらったことはなかった。同女は、軍人の相手をしたくなかったので、炊事・洗濯などの家事をしていた「チョ ウさん」という中国人夫婦の手伝いに時々抜け出したり、主人に対して、炊事・洗濯だけの仕事をさせてくれるよう懇願したが、その都度、激しく殴られ、生傷 が絶えなかった。同女は、ある日、どうしても耐えられず、慰安所から逃げ出したが、主人に見つかって連れ戻され、炊事場で、主人から、長さ約50センチ メートルの樫の棍棒で体中を激しく殴られ、最後に頭を殴られ大出血をした。このときの頭の傷が原因で、同女は、現在も、雨降りの際に頭痛がしたり、時々頭 が空白になる症状に悩まされている。

(4)終戦後、慰安所の主人も軍人らも、同女だけを慰安所に残したままいなくなった。残された同女は、建物を壊したり放火していた中国人から危害を加えら れるのではないかという恐怖の中、チョウさんの奥さんに匿われた後、上海の埠頭まで連れていってもらった。同女は、埠頭で3日間乞食のように野宿をして帰 国船を待ち、ようやく帰国船に乗って釜山に帰り着き、故郷に帰ることができた。故郷では、父親は怒りや悲しみのために「火病」で亡くなっており、同女は、 生きていた母親には上海に行って軍人の家で炊事などをしたと嘘を告げた。

(5)同女は、釜山挺身隊対策協議会へ被害申告をするまで、従軍慰安婦であったことを隠し通し、本件訴訟提起後に際して初めて実名を公表した。

===

 なお、上記事実認定をするうえで根拠とした河順女氏の陳述が、判決には「別紙」として収録されている。あわせて引用する。

===
別紙1

第4 元慰安婦原告らの被害事実
一 原告河順女の被害事実

1 原告河順女は、1918年、現在の韓国全羅南道木浦市にて、父甲太郎と母丁梅子の間に生まれた。同原告は、1937年の春、19歳のころ、現在の韓国全羅 南道光州市で呉服屋を経営していた社長宅に住み込みの家政婦として働いていたところ、買い物のため外出したとき、日本人と朝鮮人の男性から「金儲けができ る仕事があるのでついてこないか」と誘われた。同原告は、どんな仕事をするのか分からないまま、彼らを信用してついて行くことに決めた。

同原告は、朝鮮の港から貨客船に乗せられ、大阪に連れて行かれ、大阪で一泊した後、船に乗せられるなどして、上海に連れて行かれた。

2 同原告は、上海のアメリカ人かフランス人の租界区の近くにある「陸軍部隊慰安所」と書かれた看板が掲げられている長屋に連れて行かれた。同原告を勧誘した 日本人の男性が慰安所の主人(以下、単に「主人」という。)であった。同長屋は、人が2人やっと寝ることができる程度の広さで、窓のない30室位の小部屋 に区切られており、同原告は、その一部屋を割り当てられた。同原告は、同所で炊事・洗濯の仕事をさせられるものと思っていた。ところが、同長屋の一部屋を 割り当てられた翌日、カーキ色をした陸軍の服を着た日本人の男が部屋の中に入って来て、同原告を殴って服を脱がせたため、同原告は悲鳴を上げて逃げようと したものの、部屋の戸に鍵がかかっており、逃げることができなかった。

 その日から、同原告は、同部屋において、生理の時を除いて毎日朝9時から夜2時くらいまで、軍人との性交渉を強要され、もって強姦され続けた。主人の妻が 軍人からお金をもらっていたが、同原告は一度もお金をもらったことはなかった。同原告は、軍人の相手をしたくないので、炊事・洗濯などの家事をしていた 「チョウさん」という中国人夫婦の手伝いに時々抜け出したり、主人に対して、炊事・洗濯だけの仕事をさせてくれるよう懇願したりしたものの、その度に、激 しく殴られ生傷が絶えなかった。ある日、同原告は、どうしても耐えられず、慰安所から逃げ出したが、主人に見つかり連れ戻され、炊事場で、主人から、長さ 約50センチメートルの樫の棒で体中を殴られ、最後に頭を殴られて大出血をした。このときの頭の傷が原因で、同原告は、現在も雨降りの際の頭痛と、時々頭 が空白になる症状に悩まされている。

3 同原告が主人の暴力により監禁され軍人により強姦され続けた慰安所は、「陸軍部隊慰安所」の看板が掲げられていたこと、軍人相手であったこと及び性病検査 と思われる1ケ月に1回の定期検診が軍医によってなされたことに照らせば、旧日本軍が設置し、管理していたものといえる。

4 敗戦後、主人も軍人らも同原告だけを慰安所に残したままいなくなった。残された同原告は、建物を壊したり放火していた中国人から危害を加えられるのではと いう恐怖の中、チョウさんの奥さんに匿われた後、上海の埠頭まで連れて行ってもらった。同原告は、埠頭で3日間乞食のように野宿して帰国船を待ち、ようや く帰国船に乗って釜山に帰り着き、故郷に帰ることができた。その間、旧日本軍や日本政府関係者から何の手助けもなかった。故郷では、父親は怒りや悲しみの ために「火病」で亡くなっており、同原告は、生きていた母親には上海に行って軍人の家で炊事などをしていたと嘘を告げた。

5 同原告は、本件訴訟を提起するきっかけとなった釜山挺身隊対策協議会へ被害申告をするまで、従軍慰安婦であったことを隠し通し、本件訴訟提起に際して初めて実名による被害事実を公にした。

 同原告は、日本政府が従軍慰安婦に対し責任がないと発言してきたことや、本件訴訟提起により実名及び被害事実を公にしている原告らの存在を知りながら、従軍慰安婦は公娼だとの発言に対して、「腹が煮えくり返る思い」を持っている。

杉並区長の政治的支援者が7年にわたって報酬審会長に居続ける異常


 杉並区の特別職・議員の給料・報酬・期末手当を引き上げるという非常識な条例が昨年12月に自公民主などの賛成多数で可決・成立したが、その根拠とされたのが特別職報酬等審議会の答申だ。昨年11月に一日だけ会議を開き、あらかじめ区長部局の案に沿ってつくったとみられる答申案に同意して「答申」を出した。

 参考までに、会議出席の日当は1万4500円(一般委員は1万2000円)。

 その審議会の委員は区長が任命。会長は互選によって宇田川紀通・武蔵商事社長(東京商工会議所杉並支部長)になっている。宇田川氏は田中区長の政治資金パーティの発起人である。また家業の不動産会社である武蔵商事は、区との間で、保育室や駐輪場の賃貸借契約をしており、年間2800万円の支払いを受けている。

 明白な利害関係にあるといってよい。

 その宇田川氏がいつから報酬審に在籍しているのか、総務課(都筑公嗣・つづきこうじ)に確かめたところ、2008年2月以来で、じつに4期7年もの長期にわたって委員(会長)の地位に居続けていることがわかった。前会長の根本郁芳氏も当時の山田宏区長の政治団体の代表をしていた。区長を政治的に支援する地元の有力者が、報酬審の会長を占有するのが「5つ星の区役所」を自称する杉並区の伝統だったのだ。

 総務課によれば、宇田川氏が報酬審委員に最初になったのは2008年2月。前任者の根本郁芳氏と東京商工会議所杉並支部長を交代したことにともない、補欠委員として当時の山田宏区長が任命した。

 根本氏は99年に区長に当選した山田宏氏の後援会「杉並No1の会」の代表者で、政治的に山田氏を支援してきた。自民党の支持も公然と行っているほか、都議会議員の早川よしひろ氏の後援会長も務めている。
 
 後任の宇田川氏も、山田氏の後援会「杉並No1の会」主催の政治資金パーティのパーティ券を100枚20万円買うなど、山田氏を政治的に支援してきた。

http://blogs.yahoo.co.jp/jieijieitaitai/33219444.html

 山田氏が区長をやめて国政に進出し、田中良氏が区長に当選したのちも、区長の任命よって宇田川氏は報酬審の委員(会長)を続け、前述したとおり、政治資金パーティの発起人になるなど田中氏を政治的に支援してきた。また区から宇田川氏側に不動産賃借料が入る構図も、山田時代から一貫してつづいている。

 自分の選挙を支援する地元の有力者に区から資金を流し、役職をあたえて、みずからの報酬を「審査」させる。-―見苦しいゆ着、腐敗というほかない。

 総務課に確認したところ、特別職報酬等審議会条例の規定上、委員を選ぶにあたって利害関係者を排除する仕組みはないという。

 なお田中良区長にあてて、13日、総務課をとおして以下質問をおこなった。回答があり次第報告したい。

ご質問

田中良杉並区長さま

前略 以下、取材として質問いたします。

① 武蔵商事株式会社、または同社代表取締役・宇多田川紀通氏、またはその親族に、田中区長を政治的に支援することを目的とした政治団体が主催する政治資金パーティのパーティ券を購入してもらったことはありますか。

② 武蔵商事株式会社社長・宇田川氏は、田中区長を政治的に支援することを目的とした政治団体が主催する政治資金パーティの発起人になったことがあります。また、武蔵商事と杉並区の間には、保育室用の不動産物件や駐輪場の賃貸借契約が交わされており、年間約2800万円の支払いがされている事実が確認されています。
こういう区と利害関係をもち、かつ政治的に区長と密接な関係のある企業経営者が、区報酬等審議会の会長になり、昨年11月に、特別職職員や議員の報酬・給料・期末手当の引き上げを答申したことについて、宇田川氏を報酬審の委員に任命することは区政と一部業者との癒着であり、不適切ではないかとの批判が多数の区民によってなされています。
つきましては、宇田川氏を報酬審委員に任命し、会長となった経緯、およびこの人選を不適切だとの批判にたいしてどうお考えになるのか、ご意見を聞かせてください。

以上

2016年1月13日
三宅勝久 ジャーナリスト

 

“ 日本軍が朝鮮女性等に 強制的 ” に売春行為をさせた事実などない―吉田あい議員発言の検証①


「“ 日本軍が朝鮮女性等に 強制的 ” に売春行為をさせた事実などない事は、今や周知の事実です」と吉田あい杉並区議は自身のブログで書いているが、

http://yoshida-ai.com/index.php?itemid=992

 その主張の裏付けとして「慰安婦3人と元挺身隊7名の韓国人女性が公式謝罪と損害賠償を求めた裁判」をあげている。

 1992年から94年にかけて山口地裁下関支部に提訴がなされた裁判のこととみられる。吉田議員によれば、この裁判は「強制連行の証拠が認められないとし、最終的には 慰安婦側が敗訴し」たとのことである。「1998年4月・山口地裁は一部事実を認めるも、広島高裁は一審を棄却、最高裁への上告も棄却。2003年3月に慰安婦側の敗訴確定」と解説している。

 一審判決が原告一部勝訴、控訴審で逆転敗訴し、上告審で確定したことそのもは事実である。しかし、その判決の結果が「”強制的”に売春行為をさせた事実などない」ことの裏づけになるのか、きわめて疑問である。

 判決にはいったい何がかかれていたのか。どういう事実を認定し、どういう理由で「一部勝訴」「敗訴」という結論を出したのか。以下、何回かにわけて紹介したい。

 初回は一審山口地裁下関支部判決から、裁判所の事実認定部分の総論部分である。なお読みやすくするため、適宜改行や印等を加えた。

釜山従軍慰安婦・女子勤労挺身隊公式謝罪等請求、女子勤労挺身隊・従軍慰安婦公式謝罪等請求事件
山口地裁下関支部平4年(ワ)349号・同5年(ワ)373号・同6年(ワ)51号事件
1998年4月27日判決

原告10名(元「慰安婦」3名、元「勤労挺身隊」7名)

主文

一 被告は、原告3名(元「慰安婦」)に対し、各金30万円及びこれに対する平成8年9月1日から支払済みに至るまで年5分の割合による金員を支払え。

二 前項記載の原告らのその余の請求及びその余の原告らの請求を全部棄却する。

三 訴訟費用は、一項記載の原告らと被告との間においては、同原告らについて生じた費用を三分し、その一を同原告らの負担、その二を被告の負担とし、被告について生じた費用は全部被告の負担とし、その余の原告らと被告との間においては、全部同原告らの負担とする。

事実
(中略)

1従軍慰安婦制度の実態

(一)別紙一及び二(略)によれば

・ 昭和7年(1932年)ころから終戦まで、長期に、かつ、広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したこと、

・慰安所は、当時の軍当局の要請により設置されたものであること、

・敗走という混乱した状況下で、慰安婦等の婦女子が現地に置き去りにされる事例があったこと、

・戦地に移送された慰安婦の出身地としては、日本を除けば、朝鮮半島出身者が多かったこと、

・昭和7年(1932年)にいわゆる上海事変が勃発したころ、同地の駐屯部隊のために慰安所が設置されたことが窺われ、そのころから終戦まで各地に慰安所が存在していたこと、

・慰安婦の募集については、軍当局の要請を受けた経営者の依頼により、あっせん業者らがこれに当たることが多かったが、その場合でも、業者らが甘言を弄し、あるいは、畏怖させるなどの方法で、本人たちの意思に反して募集する場合が数多く、また、官憲等が直接これに加担するなどの場合もみられたこと、

・業者が慰安婦等の婦女子を船舶等で輸送するに際して、旧日本軍が慰安婦を特別に軍属に準じた扱いにするなどして渡航申請に許可を与え、帝国日本政府が身分証明書等の発給を行い、あるいは、慰安婦等の婦女子を軍の船舶や車両によって戦地に運んだ場合もあったこと、

・慰安所の多くは民間業者により経営されていたが、一部地域においては、旧日本軍が直接慰安所を経営していた事例が存在したこと、

・民間業者の経営にかかる場合においても、旧日本軍において、その開設に許可を与え、あるいは、慰安所規定を設けてその利用時間・利用料金や利用に際しての注意事項などを定めるほか、利用者に避妊具使用を義務づけ、あるいは、軍医が定期的に慰安婦の性病等の病気の検査を行うなどの措置を採り、さらには、慰安婦に対して外出の時間や場所を限定するなどしていたところもあったこと、

・利用者の階級等によって異なる利用時間を定めたり、軍医が定期的に慰安婦の性病等の検査をしていた慰安所があったこと

以上の各事実は当事者間に争いがない。

(二)右当事者間に争いがない事実と《証拠略》によれば、以下の事実が認められる。

(1) 各地における慰安所の開設は、当時の軍当局の要請に基づくものであるが、その開設の目的は、当時、旧日本軍占領地域内において、日本軍人による住民婦女子に対する強姦等の陵辱行為が多発したことから、これによる反日感情が醸成されることを防止する高度の必要性があったこと、性病等の蔓延による兵力低下を防止する必要があったこと、軍の機密保持・スパイ防止の必要があったことなどが挙げられる。

(2)昭和七年(1932年)に上海事変が勃発したときに、上海に派遣された旧日本陸海軍が当地の駐屯部隊のために慰安所を設置したのが確実な資料によって確認される最初の軍慰安所である。帝国日本が中国に対する全面的な戦争を開始した昭和12年(1937年)以後、中国各地に多数の慰安所が設置され、その規模、地域的範囲は戦争の拡大とともに広がりをみせた。

(2) 慰安所が存在したことが確認できる国または地域は、日本、中国、フィリピン、インドネシア、マラヤ(当時)、タイ、ビルマ(当時)、ニューギニア(当時)、香港、マカオ及びインドネシア(当時)である。また、慰安婦の総数を示す資料はなく、また、これを推認させるに足りる資料はないから、慰安婦総数を確定するのは困難であるが、前記のように、長期に、かつ、広範な地域にわたって慰安所が設置されていたことから、数多くの慰安婦が存在したと考えられる。

(3) 慰安婦の出身地として資料により確認できる国または地域は、日本、朝鮮半島、中国、台湾、フィリピン、インドネシア及びオランダである。なお、戦地に移送された慰安婦の出身地としては、日本人を除けば朝鮮半身出身者が多い。

(4)慰安所の多くは、民間業者によって経営されていたが、一部地域においては、旧日本軍が直接慰安所を経営していた事例もあった。民間業者が経営していた場合においても、旧日本軍がその開設に許可を与えたり、慰安所の施設を整備したり、慰安所の利用時間、利用料金や利用に際しての注意事項等を定めた慰安所規定を作成したりするなど、旧日本軍が慰安所の設置や管理に直接関与していた。

(5) 慰安婦の管理については、旧日本軍は、慰安婦や慰安所の衛生管理のために慰安所規定を設けて利用者に避妊具使用を義務づけたり、軍医が定期的に慰安婦の性病等の病気の検査を行う等の措置をとった。慰安婦に対して外出の時間や場所を限定するなどの慰安所規定を設けて管理していたところもあった。慰安婦たちは、戦地においては常時軍の管理下において軍とともに行動させられており、自由もない、痛ましい生活を強いられていた。

(6)慰安婦の募集については、軍当局の要請を受けた経営者の依頼により斡旋業者らがこれに当たることが多かったが、その場合も戦争の拡大とともに人員の確保の必要性が高まり、そのような状況の下で、業者らが甘言を弄したり、畏怖させる等の方法で本人たちの意思に反して集める事例が多く、さらに、官憲等が直接これに加担する等の事例もあった。

(7)慰安婦の輸送に関しては、業者が慰安婦等の婦女子を船舶等で輸送するに際し、旧日本軍は彼女らを特別に軍属に準じた扱いにするなどしてその渡航申請に許可を与え、また帝国日本政府は身分証明書等の発給を行うなどした。また、軍の船舶や車輛によって戦地に運ばれた事例も少なからずあったほか、敗走という混乱した状況下で現地に置き去りにされた事例もあった。

つづく