「“ 日本軍が朝鮮女性等に 強制的 ” に売春行為をさせた事実などない」吉田あい杉並区議発言を検証する④


「“ 日本軍が朝鮮女性等に 強制的 ” に売春行為をさせた事実などない事は、今や周知の事実です」
 
 吉田あい杉並区議のブログ発言について、検証をつづけたい。http://yoshida-ai.com/index.php?itemid=992
 吉田氏が根拠のひとつとしてあげる原審山口地裁下関支部の裁判について、一審判決の事実認定を引き続き紹介する。なお2審広島高裁判決、ならびに最高裁判決については、1審判決の検証が終わったのちにみていく。
 今回紹介するのは、原告李順徳(イ・スントク)氏の被害体験である。
山口地裁下関支部平4年(ワ)349号・同5年(ワ)373号・同6年(ワ)51号事件1998年4月27日判決の事実認定部分より引用。
===
2 慰安婦原告らの被害事実

 反証はまったくないものの、高齢のためか、慰安婦原告らの陳述書やその本人尋問の結果によっても、同原告らが慰安婦とされた経緯や慰安所の実態等については、なお明瞭かつ詳細な事実の確定が殆ど不
可能な証拠状態にあるため、ここでは、ひとまず証拠の内容を摘記した上、末尾(別紙1=筆者注)においてその証拠価値を吟味し、確実と思われる事実を認定することとする。
(中略)
原告朴李順徳の陳述と供述

(三)原告李順徳(イ・スントク)の陳述と供述

(1)原告李順徳は、陰暦1918年、朝鮮全羅北道裡郡慕懸で生まれた。同女は、父母が出稼ぎに出ているため、家事一切を切り回していた。

 同女は、昭和12年(1937年)の春、満17、18歳のろ、夕食の準備をするため畑の畦道で蓬を摘んでいたところ、40歳くらいの朝鮮人の男から、

「そんなことをしているよりも自分についてくれば、履き物もやるし着物もやる。腹一杯食べられるところに連
れて行ってやる。」

 と声をかけられた。同女は、家が貧しく満足な履き物もなく、空腹を癒すことに精一杯の生活を送っていたため、その男の誘いに応じてついて行くことに決めた。同女が「父母に挨拶してから行きたい。」と懇請したにもかかわらず、その男は、「時間がない。急ごう。」と言って、同女の手を引っ張って行った。同女は、男
から手を取られて引っ張られたことに驚き、恐ろしく恥ずかしくて、そのまま泣きながら連れて行かれた。同女は、その途中、その男の前を歩かされ、約1時間後に裡里邑の旅館に連れて行かれた。同旅館の部屋は、外から鍵がかけられ、同女の同じような年齢の娘たちが14,5人おり、いずれもどこに何のために連れて行かれるのか分からず泣いていた。

 翌日、カーキ色の服を着てゲートルを巻き腰にサーベルをぶら下げた旧日本軍の軍人3人が、同女らを裡里駅から列車に乗せて3日かけて上海駅まで連れて行った。上海駅に着いた後、同女らは、幌のないトラックの荷台に乗せられ、右軍人のうち1人は運転席の横に座り、残りの2人は荷台に乗った。右トラックの運転手も旧日本軍の軍人であった。同女らは、約3時間くらいトラックに乗せられ、旧日本陸軍の駐屯地に連れて行かれた。

(2)同女らは、陸軍駐屯地の大きな軍用テントの近くに転々と置かれた小屋に1人ずつ入れられた。その小屋は、むしろの壁に萩の木で編んで作った傾斜のない屋根が葺かれ、2、3畳の広さの床は枯れ葉
を敷いた上にござを敷き、その上に国防色の毛布を敷いた粗末な造りであった。そのため、雨が降ると雨水がたくさん漏れてきた。同女は、軍服と同じ色の上着とモンペを支給され、最初の2日間に血液検査と
「606号」という注射を打たれた。その「606号」という注射は、その後も2週間に1回の割合で打たれた。

(3)陸軍駐屯地に入れられて4日目に、星が3個ついた軍服を着たミヤザキという年輩の将校が小屋に入ってきて、同女に対して執拗に性交を迫り、これに抵抗できなくなった同女を3日間にわたり毎晩犯
した。その後、多くの軍人が小屋の前に行列をつくり、次から次へと同女を強姦し、昭和20年(1945年)8月の解放のときまで約8年間、毎日朝9時から、平日は8、9人、日曜日は17、8人の軍人が、小屋の中で同女を強姦し続けた。

(4)同女は、昭和20年(1945年)6、7月ころ、ある兵隊から、「自分と約束しているのになぜ他の男と寝たのか。」と責め立てられ、軍靴で腹を蹴り上げられたり、刀で背中を切りつけられたりしたこともあった。そのときの傷痕は現在でも同女の体に遺っており、今でも痛みがあり、特に雨の降る日などは胸がうずき、めまいなどのために歩くことさえままならない症状に悩まされている。同女は、右の暴行による傷の治療を1週間受けただけで、また軍人との性交渉を強要された。

(5)昭和20年(1945年)の日本の敗戦後、陸軍駐屯地から日本人の軍人はいなくなり、残された同女は、「解放だ。帰ろう。」と叫びながら集ってきた朝鮮人とともに、屋根のない貨車に乗って何日もかけてようやく家に帰ることができた。同女が家に帰ると両親は既に亡くなっており、弟が叔母の家に身を寄せていた。両親は、同女を捜し回り、絶望して亡くなってしまっていた。同女は、弟にも、後に2度結婚した夫に対しても、自己の被害事実を隠し通してきた。同女は、2度の結婚生活の間、子供ができず、婦人科の診察を受けて初めて自己の子宮が変形しており、子供ができない体になっていることを知った。

別紙

3 原告李順徳の被害事実

1 原告李順徳は、陰暦1918年、朝鮮全羅北道裡里郡慕懸(モヒョン)で生まれた。同原告は、父母が出稼ぎに出ているため、家事一切を切り回していた。同原告は、1937年の春、満17、8歳のころ、夕食の準備をするため畑のあぜ道で蓬を摘んでいたところ、40歳くらいの朝鮮人の男から

「そんな事をしているよりも、自分についてくれば、履物もやるし着物もやる。腹一杯食べられるところに連れて行ってやる。」

 と誘われた。同原告は、家が貧しく満足な履物もなく、空腹を癒すことに精一杯の生活を送っていたため、その男の誘いに応じてついていくことに決めた。同原告が父母に挨拶してから行きたいと懇請したにもかかわらず、その男は時間がない、急ごうと言って同原告の手を取って引っ張っていった。同原告は、男から手を取られて引っ張られて行ったことに驚き、恐ろしくて、恥ずかしくて、そのまま泣きながら連れて行かれた。

 同原告は、途中、その男の前を歩かされ、約1時間後に裡里(イーリー)邑の旅館に連れて行かれた。同旅館の部屋は、外から鍵がかけられ、同原告と同じような年齢の娘たちが一四、五人おり、いずれもどこに何のために連れて行かれるのか分からず泣いていた。

 翌日、カーキ色の服を着てゲートルを巻き腰にサーベルをぶらさげた旧日本軍の軍人3人が、同原告ら娘たちを裡里駅から列車に乗せて3日かけて上海駅まで連れて行った。上海駅に着いた後、同原告ら娘たちは、幌のないトラックの荷台に乗せられ、右軍人のうち1人は運転席の横に座り、残り2人は荷台に乗った。同トラックの運転手も旧日本軍の軍人であった。同原告ら娘たちは、約3時間位トラックに乗せられ、旧日本陸軍の駐屯地(以下、「陸軍駐屯地」という。)に連れて行かれた。

2 同原告ら娘たちは、陸軍駐屯地の大きな軍用テントの近くに転々と置かれた小屋に1人ずつ入れられた。その小屋は、甲第3号証(略)の図のとおり、筵のようなもので壁が覆われ、萩の木を編んで作った傾斜のない屋根が葺かれ、2、3畳の広さの床は枯れ葉を敷いた上にござを敷いて、その上に国防色の毛布を敷いた粗末な造りであったため、雨水が漏れたり雪が降り込んだりして不生極まりないものであった。

 同原告は、軍服と同じ色の上着とモンペを支給され、最初の2日間に血液検査と「606号」という注射を打たれた。「606号」という注射は、その後も2週間に1回の割合で行われた。

 陸軍駐屯地に連れて来られて4日目、星が3個ついた軍服を着たミヤザキという名の年配の将校が小屋に入ってきて、同原告に対して執拗に性交渉を迫り、これに抗することができなくなった同原告を3日間にわたり毎晩犯した。同原告は処女であった。その後、多くの軍人が最初は暴力で同原告の反抗を抑圧して強姦し、抵抗することを諦めた同原告を引き続き、1945年8月の解放の時まで約8年間、毎日朝9時から、平日は8、9人、日曜日は、17、8人の軍人が、小屋の中で同原告を強姦し続けた。

 1945年6、月ころ、ある兵隊が自分と約束しているのに何故他の男と寝たのかと同原告を責め立て、軍靴で同原告の腹を蹴り上げ、刀で背中を斬りつけた。その傷跡は甲第四号証のとおり、同原告の体に克明に残っており、同原告は、今現在も痛みが残り、特に雨が降ろうかという日や雨の降る日などは、胸や腹がうずき、めまい等のために歩くことさえままならない症状に悩まされている。同原告は、右暴行による傷の治療を1週間受けただけで、軍人との性交渉を強要され続けた。

3 同原告を連行した者が旧日本軍の軍人であること、同原告が収容された小屋が陸軍駐屯地に近接した施設であること、定期的に駐屯地内で「606号」という注射を打たれたこと、小屋を兵隊が常時監視
していたこと、軍人のみを相手にしていたこと等に照らせば、同原告は、旧日本軍の強制により連行され、約八年間、民間人の関与が全くない中、旧日本軍により監禁され強姦され続けたものである。

4 1945年の日本の敗戦すなわち解放後、陸軍駐屯地から日本人の軍人はいなくなり、残された同原告は、「解放だ。帰ろう。」と集まった朝鮮人らとともに、屋根のない貨車に乗って何日もかけてようやく家に帰ることができた。同原告が家に帰ると既に両親は亡くなっており、弟が叔母の家に身を寄せていた。両親は、同原告を捜し回り、絶望して亡くなってしまっていた。同原告は、弟にも、後に2度結婚したそれぞれの夫にも、自分の被害事実を隠し通してきた。2度の結婚生活の間、子どもができず、婦人科の診察を受けて初めて、自分の子宮が変形して子どもができない体になってしまっていたことを知った。同原告は、旧日本軍によって純朴な娘の一生を台無しにされたこと及び日本政府が同原告に対して国家補償を拒否してきたことについて、憤怒の念を強めている。

 しかも、同原告の被害事実は、一貫して旧日本軍の強制によるものであり、いわゆる公娼制度といえるような事実は全く見当たらない。同原告が新聞を読む能力がなく、また、テレビ報道を理解できないこ
ととしても、同原告が凛としてその被害事実を公にしているにもかかわらず、同原告らを含む従軍慰安婦が公娼であったと断ずる発言を公にすることが、同原告の名誉を侵害することは明らかである。