自民党「政策活動費」の不可解

 ある方からの指摘できづいたことだが、自民党本部の支出のなかにある「政策活動費」というのが、事実上使途不明金になっているようだ。自民党国会議員に直接現金を支払い、そのまま最終的な使途がわからない。

 しかも金額がひとりあたり多い人で年間8億円〜数億円にのぼる。

例)2014年分自民党本部の支出(pdf=自民党本部分割ファイルのうち「支出1」)

 いまごろになって気づいた筆者も間抜けだが、なぜこんなことがまかりとおっているのか。この国の大メディアの権力監視力の乏しさをあらためて思い知らされる。

 大メディアがあてにならない以上。市井の市民による草の根の権力監視が重要である。読者のみなさまも、ぜひ一度「政策活動費」をご自身で調べてみていただきたい。自民党がいかに不可解なカネの使い方をしているかが実感できるはずだ。また、政治とカネをめぐるマスコミの報道の見え方もちがってくるであろう。

■総務省政治資金収支報告書のHP■2012年分政治資金収支報告書(総務省)
■2013年分政治資金収支報告書(総務省)
■2014年分政治資金収支報告書(総務省)

 上の各リンクから自民党本部→「支出1〜2」を探してみてください

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください