戦争ははじまった

 29日、採決手続きすらあやしい戦争法が「施行」された。アメリカはシリア空爆をつづけている。アフガニスタンでも軍事行動をつづけている。国連決議もなしに他国に軍隊を送り込み、殺戮を繰り返している。圧倒的に民間人である。そのアメリカの戦争に日本の自衛隊も参加する道を開いた。日本にとって戦争はすでにはじまっている。

「戦争反対」では生易しい。「戦争をやめろ」と叫ばねばならない。

 ちゃくちゃくと憲法破壊行為が進んでいる。日本社会の根本秩序をひっくり返すに等しい。クーデタ(Coup d’état=フランス語。直訳すれば「体制に対する一撃」)といってよいだろう。

 建国以来、暴力的な侵略と帝国主義を世界中で繰り返してきたアメリカ合州国政府は、「民主主義」を標榜しながら、じつは、配下においた他国が、真の独立なり民主化をめざしたとたんに、それをつぶすのを習い症としてきた。ハイチ、グアテマラ、チリ、ホンジュラス、パナマ、インドネシア、イラン、イラク、シリア・・・枚挙にいとまがない。暴力を使うこともあれば、巧妙な形で気にいらない政権をつぶすこともある。

 日本においてもこれと同質のことが起きているように筆者は思う。

 TPPは日本の主権を根底から手放す、文字通りの悪魔の「植民地契約」である。安倍政権とそのお友だちは、奴隷商人のごとく、日本という社会とそこにすむ1億人以上の人間の暮らしを、大資本に売り渡そうとしている。安倍首相が好きな言葉である「愛国」とは対極の、愚かで軽蔑に値する恥ずべき行為である。

 過去の戦争責任を許してもらうかわりに、あらたな支配者たるアメリカにとことんつくす。それが安倍晋三氏や橋下徹氏のいう「愛国」である。日本の国土はアメリカ軍によって占領されてつづけているが、これも過去の戦争責任をチャラにしてもらうこととの引き換えである。主権(Soberania)を放棄した愛国など世界中をさがしてもない。エセ愛国主義者である。

 植草一秀氏がメルマガで、きょう30日の主権者行動を紹介している。転載したい。
===

 明日、3月30日には、TPP阻止に向けての大きな主権者行動が予定されて
いる。

「TPPを批准させない3.30国会行動」

http://nothankstpp.jimdo.com/
国民の同意なきTPP協定

止めるなら今しかない!

である。

主権者にとって百害あって一利なしのTPPへの参加を阻止するために、主権
者が行動しなければならない。

14時30分~16時30分 
衆議院第二議員会館前を中心に座り込み行動

17時~18時30分
憲政記念館大ホールにて決起集会

19時~20時
国会請願キャンドルデモ
憲政記念館付近から出発、自民党本部横を通過し、国会で請願、日比谷公園ま
で進んで解散

1人でも多くの主権者が参集して、主権者の生存権、幸福追求権を侵害するT
PP阻止に向けて行動しよう!

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください