緊張感のない倉敷市、観光地公衆トイレに石鹸なし

 感染防止にとってきわめて重要なのが石鹸(または界面活性剤)をつかった丁寧な手洗いだ。筆者は現在滞在中の倉敷(橋本岳厚生労働副大臣の選挙区)で、駅をはじめとする公衆トイレに石鹸と手洗い励行を呼びかける説明書きをただちにつけるよう3月半ばから繰り返し市に要請してきた。

 そのかいあって、倉敷駅、新倉敷駅の市営トイレ3ヶ所に、4月3日までに(半月以上!)液体石鹸と説明書きが取り付けられた。

 

 市一般廃棄物対策課によれば、ほかに新倉敷駅(新幹線が停車する)のトイレにも石鹸と説明書きをとりつけたとのことである。JR中庄駅(川崎医科大付属病院の最寄り駅)や茶屋町駅、木見駅、児島駅、上の町駅にあるトイレには、石鹸容器が入荷しだい取り付けるとのことである。

 同課の管理するトイレはこれら駅に併設したものがすべてだとの説明だたっが、きょう、倉敷市の中心部にある観光地(美観地区)の市営トイレをのぞいておどろいた。「一般廃棄物対策課」との表示がされたこのトイレには、洗面台に石鹸容器が取り付けられていたのだが、その容器がすべて空だったのだ。

 

 「いたずらがあるから」などと石鹸をつけることに難色をみせていた市だが、石鹸液を補充するというやるべきことをやらず、市民・利用者を「いたずら犯」の容疑者扱いしていたことになる。緊張感のなさはあきれるばかりだ。
 
 一方、公園緑地課によれば、100ヶ所あまりある市営公園のトイレは、ごく一部をのぞいて大半に石鹸がないとのことである。


 ただちに設置してほしいと要請すると、こちらも「これから検討する」という生ぬるい返答だったので、緊急性のある問題だからすぐにやってほしい、進捗状況を知らせてほしいと強く要請した。

  

 

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください