イラン大統領が仏大統領と電話会談

 イラクを公式訪問中のイラン革命防衛隊ソレイマニ将軍を米軍が暗殺した事件により、地球規模で軍事的な緊張が高まっています。イラン大統領がフランス大統領と電話会談したとのイラン・メヘル通信社配信記事から紹介します。なお英語版から筆者が翻訳しています。

イラン メヘル通信
https://en.mehrnews.com

 今週火曜日(2020年1月7日)遅く、ロウハニ大統領はフランスのマクロン大統領と電話で会談し「米国はイラクの主権と領土を侵害し、同国の人々を侮辱した」と述べた。

President Rouhani made the remarks in a phone conversation with his French counterpart Emmanuel Macron late on Tue. and said,
“US has violated Iraq’s sovereignty and its territorial integrity and has insulted people of this country.”

 米国がイスラム革命防衛隊・ガセム=ソレイマニ中将を暗殺したことに対して、今イランの国は深く悲しんでいるとして、「ソレイマニ将軍の暗殺により、米国は大きな戦略上の間違いを犯した」と付け加えた。
Today, Iranian nation is in deep sorrow due to the US assassination of IRGC Quds Force Lt. Gen. Qasem Soleimani, he said adding, “US committed a major strategic mistake by assassinating Gen. Soleimani.”

ロウハニ大統領は、平和の継続と安全を望む世界のあらゆる国に向かって、米軍によるこの犯罪とテロ行為に対して毅然とした態度をとるよう呼びかけた。
Rouhani called on all countries, which want lasting peace and security in the world, take decisive stances against this crime and terrorist act committed by the US forces.

米国の犯罪がなされた後、「イランとイラクの国家間の連帯、団結、友好がこれまで以上に深まったことを確認している」とロウハニ大統領は強調した。
After the crime committed by the US, “we witnessed evermore solidarity, unity and amity between Iranian and Iraqi nations,” Rouhani emphasized.

殉教者・ソレイマニ将軍はイラク政府の正式な招待により、イラク首相と会談するために同国を訪問中だったとして「米軍によるテロはイラクの主権を侵害し、同国政府と国民を侮辱した。同時に高貴なイラン・イスラム共和国に対する許しがたい犯罪行為である」と述べた。

Martyr Gen. Soleimani had travelled to Iraq at the official invitation of the Iraqi government for meeting with Iraqi prime minister, he said, adding, “the terrorist move committed by US forces has violated the sovereignty of Iraq and insulted government and people of this country as well as a great and unforgivable crime committed against the noble nation of Islamic Iran.”

 米国の凶悪な行為に対するイランの人々の要求に目を向け、「この暗殺の結果責任とそれが招く事態は米国政府が負わねばならない」と述べた。

Turning to the demand of Iranian people for responding to US heinous act, he said, “the responsibility of the consequences of this assassination and its outcomes shall be borne by the US government.”

「地域の平和と安定の継続はソレイマニ将軍の主たる目標だった。将軍は反テロの英雄である」として、平和と安全の拡大がイランの主たる戦略であると大統領は述べた。

Spread of peace and security is the main strategy of the Islamic Republic of Iran, he said, adding, “establishing sustainable peace and stability in the region was the main objective of Gen. Soleimani, so that he [Gen. Soleimani] is anti-terror hero.”

 大統領はまた、米国のテロに対してイラク議会が下した重要な決定に触れ、「地域の安全は地域諸国によってのみもたらされる。そして、地域が不安定になり、緊張が高まり、世界に危険が及ぶことで利益を得る者はだれもいない」と述べた。

Elsewhere in his remarks, Rouhani pointed to the important decision taken by Iraqi Parliament in a reaction to the US terrorist move and said, “I believe that security of the region is provided only by the regional countries and no one will gain profit as a result of tension in the region in a way that instability in this region can be dangerous for the world.”

 一方、フランスのマクロン大統領は、地域の平和と安定の拡大をはかるというイランの一貫した見解に触れ、事件に対して深い哀悼を表明した上で、「フランスは緊張を緩和するために最大限の努力をする用意がある」と述べた。
 さらに包括的行動計画(JCPOA)の重要性に触れ、「フランスは、この画期的な核交渉を継続するために努力を続け、イランがこの方向に進むことを期待する」と述べた。

For his part, French President Emmanuel Macron pointed to perpetual commitment of Iran for the spread of peace and stability in the region and expressed his deep regret over the recent events and said, “France is ready to make its utmost effort for reducing tensions.”

Turning to the significance of Joint Comprehensive Plan of Action (JCPOA), he said, “France will continue its efforts for preserving this landmark nuclear deal and expects Iran to move in this direction.”

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください