記事掲載のお知らせ【「絶望の防衛大」を元学生が提訴 上級生から罵倒され、精神がボロボロになり声失う】

 読者のみなさんこんにちは。寒中御見舞申し上げます。
 2020年最初に発表した記事をご紹介します。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。
三宅勝久 
==
 
【「絶望の防衛大」を元学生が提訴 上級生から罵倒され続けること数年間、精神がボロボロになり声失う】

 「指導」にかこつけて毎日のように呼び出しては、暴言を浴びせる、無視する、反省文を書かせては破り捨てる、といったイジメを上級生から受け、言葉を発することができなくなるほどの精神的ダメージを被った防衛大学元学生の男性が、上級生の男(現・陸自幹部)と国を相手に訴訟を起こした。教官は上級生のイジメを黙認し、やがて同級生らも加担する陰湿な集団イジメにエスカレート。元学生の訴えから浮かぶのは、“国を守る”という掛け声とは正反対の、傷ついた仲間を攻撃してうさ晴らしをする防衛大学の醜い内幕だ。大学の内部文書によれば、服務規律違反者は、約1400人いる学生のなかで毎年150人前後に達し、うち20人〜30人が刑法犯相当だと報告されている。2019年12月には、女子小学生への強制性交容疑で防衛大学生の幹部自衛官(30歳)が警察に逮捕された。今回の裁判で表面に出た「イジメ」も氷山の一角にすぎない可能性がある。

【Digest】
◇横浜地裁での悲痛な訴え
◇上級生Yの陰険ないじめ
◇過呼吸発作もいじめのネタに
◇「お前が過呼吸起こしても”指導”やめない」 
◇「事件」の真相
◇いじめ被害は不問で退校命令 
◇アンケート改ざん疑惑
◇防衛大学は犯罪者だらけ?

http://www.mynewsjapan.com/reports/2519

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください