「選挙直前に政務活動費でチラシ大量配布は違法」判決を不服として杉並区長控訴

 選挙直前に大量のチラシ類を作成・配布し、その経費のすべてを2014年度分の政務活動費で支出したことの是非を問う住民訴訟で、東京地裁は先日、13人の杉並区議会議員(正確には10議員と2会派)の支出約330万円を違法と認定、うち270万円を返還するよう命じる判決を下した。これに対して被告田中区長は、判決のすべてを不服として控訴した。

 また、返還を命じられた13人(10議員2会派)のなかに自主的に返還を行った者は皆無だった。

 杉並区長が不服として争っている支出のなかには、自民党会派のチラシのように別件訴訟でも敗訴しており、敗訴確定が時間の問題になっているようなものもある。このチラシをめぐる高裁判決が4月16日にある。メンツと時間稼ぎだけのために区民の税金をつかって無用な争いをする田中区政と田中区長を支持する多数派の議員らの自浄作用のなさと傲慢さが、あらためて浮き彫りになった。
 
 読者各位には、ひきつづきご支援をお願いする次第である。
 
★東京地裁が違法と認定した支出
 
 1 大和田伸(杉並区議会自民党) 50000円(自民党チラシ代金のうち50%)
 2 脇坂達也(同)        50000円(同)
 3 今井洋(同)         50000円(同) 
 4 吉田愛(同)        530346円(同、区政報告代金のうちの50%)
 6 葉梨俊郎(同)       449600円(同、区政報告代金のうちの50%)
 7 富本卓(同)        165000円(同、区政報告代金のうちの50%)
 8 岩田生真(自民・無所属クラブ)47434円(区政報告代金のうちの10%)
 9 田中裕太郎(美しい杉並)  324000円(区政報告代金のうちの50%)
10 市来伴子(社民)      326000円(区政ニュース代金のうちの50%)
11 公明(大槻城一)      150755円(区政報告代金のうちの50%) 
12 無所属区民派(結柴誠一・新城せつこ)114万2589円(区政報告代金のうちの50%)  

★17会派21議員の政務活動費返還請求訴訟 一審判決(約11Mバイト)

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください