政務活動費返還命令判決が出た杉並区議12人に公開質問状

 選挙直前に政務活動費を使ってチラシを作成・配布したのは違法だとして返還を命じる東京地裁判決が22日に出ましたが、これを受けて対象となる12人に区議会議員に、23日、公開質問状を送りました。またこれより先に違法判決を受け、現在控訴中(被告は杉並区長)の大熊昌巳議長(自民)に対しても、同様の内容の質問を送りました。

==

杉並区議会議員
大和田伸、脇坂達也、今井洋、吉田愛、葉梨俊郎、富本卓、岩田生真、田中裕太郎、市
来伴子、杉並区議会公明党(大槻城一)、無所属区民派(結柴誠一・新城せつこ)様

 ジャーナリストの三宅勝久と申します。
 取材の一貫として下記のとおりご質問いたします。ご回答おまちしております。
 なお勝手ですが回答期限は火曜日中とさせていただきます。期日までに回答が無い場
合はその旨、記事などでご紹介することがあります。期日経過後に回答をいただいた場
合は、追記可能であれば紹介する予定です。
 
 2014年度政務活動費の支出をめぐる住民訴訟の一審判決が3月22日、東京地裁
でありました。判決のとおり、一部支出について違法だとして返還を命じる内容となっ
ています。つきましては、この判決を受けてどのような対応をとるお考えか、下記の問
いにお答えください。

1 
 返還が命じられた支出について
 A敗訴分について自主返還する B敗訴分については自主返還しない

2 判決内容についての意見
 A判決は不服である      B判決を真摯に受け止める

3 被告区長のとるべき対応についての意見
 A被告区長は控訴すべきである B被告区長は控訴すべきではない

4 その他意見があればお聞かせください。
 
 
以上 

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください