東京都・政務活動費収支報告書の開示拒否は違法-裁判、18日はじまる

 政務活動費の収支報告書の開示をもとめて今年5月、東京都議会議長に対して情報公開請求したところ、議長の調査を経ていない報告書を公開すれば制度を損なうおそれがある-などといった理由で開示を拒否されるという事件がおきた。各議員(会派)が収支報告書を提出する期限は4月30日で、法令・条例の趣旨をふまえればただちに閲覧させなければならないはずである。

 開示を拒否した都議会の行政処分に違法性が濃厚に疑われることから、筆者は処分取消を求める行政訴訟を起こした。その第1回口頭弁論が明日18日午前11時半から東京地裁703号法廷である。

事件番号:東京地裁平成30年行ウ272号

 情報公開を進めるという掛け声とは裏腹に、情報公開に後ろ向きな小池都政の問題がここにもみてとれる。

 
 

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください