記事掲載のお知らせ/「老後は安心」は嘘だった――絶対的不採算アパートを買わされたオーナーの提訴で判明、大東建託“悪質”商法の手口

 マイニュースジャパンに記事を書きましたのでご案内します。

【「老後は安心」は嘘だった――絶対的不採算アパートを買わされたオーナーの提訴で判明、大東建託“悪質”商法の手口】

 アパート経営で老後は安心――という営業マンの甘言を信じて大東建託でアパートを建てたものの、最初から採算が合わず返済に行き詰まった大阪府内のオーナー夫妻が、不十分な説明によって大損害を被ったとして、同社を相手取り、約1億円の損害賠償請求訴訟を起こし、大阪地裁で係争中だ。「1年後に条件のいいところで借り換えができる」と虚偽の説明をする、「社員の手で融資申込書に虚偽を記載する」――。審理を通じて浮き彫りになったのは、不採算になることを知りながら無理に事業を進め、巨額の借金をさせてカネを払わせたら、あとは知らんぷり、という悪質きわまりない「大東建託商法」の実態だった。訴訟記録とオーナーへのインタビューをもとに詳細を報告する。

【Digest】
◇「老後も安心」にだまされた
◇広告よくやっている大きな会社
◇新人営業マンのT社員
◇「ぜひやらせてもらいたい」
◇その場しのぎのでたらめな融資計画
◇白紙撤回のチャンスはあった
◇条件最悪のところに借り換えさせる
◇「借り換えします」は嘘だった
◇融資申込書に大東建託社員が虚偽記載

http://www.mynewsjapan.com/reports/2380

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください