時給8万円の杉並区顧問報酬を問う―東京高裁に控訴 

 月2日、4時間の「仕事」に対して35万円の非常勤顧問報酬を支給したのは違法・無効だとして同額の返還を求めた住民訴訟で、1審東京地裁(林俊之裁判長)は「社会通念上著しく高額とはいえない」などといったいい加減な理由で訴えを棄却した。原告としてはとうていなっとくできないので東京高裁に控訴した(控訴は23日付)。

 50日以内に控訴理由書を提出し、その後期日が決まる予定だ。詳細がわかりしだいご報告したい。

 

 

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください