仙台市議の政務調査費裁判で画期的判決/「広報誌類50%以上の支出は違法」

 昨年11月、仙台市議の政務調査費(当時)の返還を求めた住民訴訟の判決があり、約1200万円の変換を命じる住民側勝訴判決が言い渡された。原告は仙台市民オンブスマン。この判決のなかで、広報誌類の支出について、政務調査以外の目的が含まれることは自然であるとして、原則として50%以上の支出は違法であるとの判断がなされている。

http://sendai-ombuds.net/seimuchousahi/2017/11/post-66.html

 「政務活動」の名のもとに税金をつかって政治的な支援を呼びかける行為が昨今杉並区議の間でも横行していて、現在返還を求める訴訟がつづいているが、仙台地裁の判決は大変参考になり、かつ追い風になる内容である。

 仙台市民オンブズマンのかたがたに敬意を表するともに、労をねぎらいたい。
 

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください