お気に入りの記者しか質問させない小池百合子式情報操作

 小池百合子都知事は都民ファーストの実質最高幹部である。その都民ファーストの代表者を知事顧問として採用、局長級の給与・月額706000円、年間1400万円を支給する。これは、それぞれ直接選挙で選んだ議会と首長が互いに緊張関係にあって、民主的な運営をめざすという地方自治の二元代表制をないがしろにしかねない暴挙といってもよいだろう。

 給与額を公表する際、都は「局長の給料表のもっとも低い額」などと説明しているようだが、そもそも「局長の給料表」を使ったこと自体が、きわて高い給料を払っていると指摘されるべき問題であって、ここであえて「もっとも低い」と強調するところに情報操作の意図がみえる。

 給料表の種別についてすら都は「個人情報」だといって非開示にしていのだ。

 さて、筆者は昨日、都知事定例会見に出席し、質問しようと手をあげた。しかし、前回と同様、無視されつづけて一方的に会見は打ち切られた。どうも、はじめから質問する相手をきめていて、それ以外はあてないという「やらせ」をやっているのではないか、やりとりの雰囲気をみながらそんな疑いを持った。

 なお、筆者は8月23日付で、都に対して、特別秘書の給与額・手当額がわかる文書を、舛添知事時代のものもふくめてすべて開示するよう情報公開請求を行った。

 あるいは、開示決定をまたずして情報開示をするかと期待して、人事課に電話をかけ「舛添時代の特別秘書の給与額・手当額を教えてほしい」と質問した。かえってきたのは恐るべき言葉だった。

「情報公開請求されているでしょう」

 筆者が情報公開請求書を送ったのは都民情報ルームのファクスである。請求者の個人情報は都庁内であってもみだりに拡散してはならないのは大原則である。筆者が都知事に対して情報公開請求をしているという問題と、特別秘書の給与額を教えてほしいと電話で取材しているのとは、まったく別次元の話である。それが、この人事課の広報担当者は平気で私が請求を行っていることを口にした。

 そして「開示請求をしているのだから口頭で回答するつもりはない」という趣旨のことを言ったのだ。かなり問題のある対応・情報公開制度の運用であるように思う。請求人の個人情報がずさんに扱われていることをうかがわせる。

 舛添時代の特別秘書の給与額がなぜ明らかにできないのか。理由をただすと、「個人情報」だと職員は不機嫌な声で言った。

 「では今回(小池知事の特別秘書の給与額)はなぜ明らかにしたのか」とたずねると「本人の同意があったから」という。ならば、と筆者はただした。

「舛添時代に特別秘書だった人にも確認すればいいじゃないですか」

 職員はこういった。

 「そんなのしませんよ。いまはもう職員じゃありませんから」

 これが小池知事が喧伝する情報公開推進の実態である。情報公開請求の結果が非開示となれば、あらためて裁判を起こして徹底的に争うほか手段はないのかもしれない。開示・不開示の決定は、延長がなければ申し立てから2週間後、9月6日ごろの予定だ。
 

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

「お気に入りの記者しか質問させない小池百合子式情報操作」への1件のフィードバック

  1. 三宅さん
    相変わらずの粘り強さに敬意を表します。
    小池さんは、映像をとても意識していますね。
    表情や仕草、服装などなど。相当したたかですね。
    まだまだ、騙されている支持者も多いかと思います。
    でも、いずれはどこかで齟齬が生じたり辻褄が合わなくなったりと。
    そこをイメージで誤魔化されない事だと思います。
    特に築地移転問題は命とりになるのではと思っています。
    お金のことも。今回の三宅さんの問題提起が端緒なると思っています。
    都民の応援が必要不可欠、その事が気がつかない都民はやられっぱなしなる思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください