小池知事「特別秘書」関連文書が一部開示、わずか2枚の疑問

 小池百合子東京都知事が、自らが率いる「都民ファースト」代表者である野田数(かずさ)氏を都の「特別秘書」に雇用、いったいいくらの給料を払い、その勤務実態がどうなっているのかが不明になっている問題で、東京都は20日、筆者の開示請求に対して一部開示の決定を行った。請求内容は3件、2017年6月について、①給料・報酬その他経費の支給状況、②勤務状況がわかる文書、③勤務予定がわかる文書――だった。

 驚いたことに、この請求に対して都が特定してきた文書はわずか2枚。「職員別給与簿」のみだった。文書はまだ入手していないので内容はわからないが、「給与に関する情報」は、個人情報、または個人の権利を侵害する場合は不開示にできるときめた情報公開条例7条2号に該当するとして不開示にしているという。

 月曜日には文書を入手する予定。追って報告したい。

 

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください