「代替運動場」名目で杉並区が土地を借り上げ、実質月500万円、15ヶ月で7500万円を地権者にプレゼント

 自公と限りなく近い田中良杉並区政にあらたな疑惑が浮上した。区立杉並第一小学校の改築計画にともなう「代替運動場」名目で地権者A氏の土地を月額880万円で借り上げたものの、結果は、従来からA氏が行っていた駐車場事業を区が引き継いだだけで、実質月額500万円の利益をA氏に与えていたのだ。

 学校整備課によれば、A氏の土地を区が月額880万円で借り上げたのは2016年4月1日。当時A氏は駐車場運用会社である(株)パートナー社に土地を貸していた。土地を借りると同時に、区はA氏から引き継ぐ形でパートナー社に土地を貸す転貸契約を結んだ。転貸の賃料は当初は月額360万円、その後、売り上げ減を理由に賃料の減額を求められたことで、12月からは同340万円に引き下げられた。もともとA氏がパ社に払っていた賃料は明確ではないが、同課によれば月額300万円ほどであるむね口頭で説明したという。

 結局、杉並第一小学校の改築計画は、突如白紙になり、「移転」する内容に大幅変更された。運動場の代替地は不要となった。6月で区は賃借をやめる方針だという。

 A氏にしてみれば、何もしないままで7500万円をまるまる区から得た計算になる。区長からA氏へ利益供与がなされた疑いがある。 

 詳しくは追って取材・報道したい。

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください