「北朝鮮侵略作戦」の危機

 米国が中東につづいて朝鮮半島にも軍事介入しようとしていることがはっきりとしてきました。米国にひたすら追従する日本政府と、もっぱらそれを支える主流マスコミのニュースは、かなり一方的な見方に偏っていると考えられます。立場のちがう場所からのニュースと比べながら極力正確な情報を得ることが重要かと思います。

 キューバ国営通信プレンサ=ラティ-ナ(PL)の記事を翻訳して紹介します。

http://www.granma.cu/mundo/2017-04-09/rusia-condena-envio-de-buques-de-eeuu-a-peninsula-coreana-09-04-2017-22-04-03

 「米国の朝鮮半島への空母派遣をロシア非難」

 モスクワ発 PL(キューバ国営通信)2017年4月9日

 米原子力空母カールビンソンを中心とする艦隊が朝鮮半島に進出したことで、この地域の緊張が高まるだろう。そしてピョンヤン政府が過激な反応をみせるだろう。ロシア上院議員が語った。

 朝鮮民主主義人民共和国近海への軍艦の派遣は、この地域における交渉を停滞させる。ロシア上院国防委員長のビクトル=オゼロフ上院議員はPLにそう語った。

 軍事筋によれば、北朝鮮の核の脅威に対する対策を行うべきだとする米国家安全保障会議(NSC)の意見にしたがってホワイトハウスが決定、シンガポールを出航した。
 
 シリア政府が自国民に対して化学兵器攻撃を空から行ったとして、米国は7日、シリア・アルシャイラ空軍基地をミサイル攻撃したが、ピョンヤン政府は主権国家に対する侵略であると非難している。

 この軍事行動に先立ち、ピョンヤン政府は、侵略の危険から国を守るために核武装するのは正当であるむね表明していた。

 ロシアは米国や中国、日本とともに朝鮮半島の和平を模索してきた。しかし現在は凍結されていると専門家は明らかにした。

 「ロシアトゥデイ」テレビは、北朝鮮のハッカーが9月に米国防省の情報源にアクセスし、米韓共同で侵略する計画「5027戦争」の存在をつきとめたと報じた。

 ドナルドトランプ大統領は、就任以来、朝鮮半島の問題に対してあらたな姿勢で脅威をあたえてきた。いま、米国政府はピョンヤン政府の問題に対して「あらゆる手段」を考えていることが明らかになった。
 
 朝鮮民主主義人民共和国の軍は、現在70万人の武装兵士、4200輌の戦車、潜水艦70隻、戦闘機944機を保有。ミサイル技術の実験をここ数ヶ月行っている。

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください