迷走する杉1小建てかえ計画/子ども置き去りで地権者と河北病院大喜び?

 28日夜、阿佐ヶ谷北の杉並第一小学校で「杉1小建て替え計画」の説明会があり、筆者は地元住民のひとりとして参加した。3時間以上にわたる区幹部らの説明と質疑の結果、不可解な点がいくつも浮かび上がった。

 区はこれまで阿佐ヶ谷地域区民センター(東京電力から月額500万円で建物を賃借)と産業商工会館が老朽化などで使えなくなるため、高層の複合施設にするという案を進めてきた。ところが、最近になって河北病院(阿佐ヶ谷北)が隣地への移転を希望していることを理由に「B案」を立案した。

 その内容は複雑で、説明会で配布された資料や、冒頭、幹部が行った説明だけではよく理解することができなかった。つまり、病院が移転したあとの敷地に小学校をつくり、現在の小学校跡地には産業商工会館をつくる。さらに当初のA案で「小学校の仮設校舎をつくる」予定で壊している「けやき公園」と併設のプールのある場所に、「阿佐ヶ谷地域区民センター」を新設する--というものだ。

 もっとややこしいのは土地の権利で、小学校をつくるといっている病院跡地(相沢氏所有)を区の所有に変更し、いまの杉1小の土地は区が持分3、相沢氏が持分7という内容に所有権を変更するという。

 杉並第一小学校のある場所は中杉通に面した駅前の一等地だが、この場所が、こんご民間地権者の同意なしには使えなくなるということだろう。事実上民有地にするのとかわらないのではないかと筆者は考えている。

 奇妙なのは、区有地だったところを民間地権者との間で区分所有に変えるという重要な問題について、説明会にでてきた幹部らは明確に説明をしなかった点である。配布された資料をみてもまずわからない。おそらく説明会に出席した住民のほとんどがよく理解していないと思われる。 意図的に説明を省いた疑いはぬぐえない。

 また、B案で小学校をつくるという場所は、100年ちかく河北病院があったため、危険な廃棄物などによる土壌汚染が懸念されるが、安全性を確認する前に「区がまるごと買い取る」という作業が水面下で進んでいると思われる。

 一方、現在東電から賃借している「阿佐ヶ谷地域区民センター」を区が解約して退去する理由について、あらたな情報が得られた。区幹部が筆者に説明したところでは、東日本大震災があった(2011年3月11日)直後、東電のほうから区に対して「地上権を買い取ってほしい」と打診があり、区も買い取りを検討したが、最終的に地権者(東電はこの地権者から土地を賃借している)の同意が得られずに実現しなかったという。

 また立ち退きを求めてきたのは東電のほうで、立ち退き交渉を行ったが、ゼロ回答だった、とも説明した。

 これら一連のいきさつは、議会でも説明したと幹部は言ったが、いつの議事かについては明言しなかった。知り合いの区議は「初耳だ」と述べた。

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください