「業務委託」をかたった無法労働/ポスティング自死事件で判決

 ポスティングのアルバイトに応募した19歳の青年が、バイト開始から4日目に自死した事件をめぐる損害賠償請求訴訟の判決が、17日、東京地裁であり、被告のケイアンドパートナーズに計35000円の賠償を命じる判決がくだされた。
 
 青年は「委託業務契約」という契約書に同意させられており、「不正」があった場合は賠償金を請求されることがあるとの条項もあった。1枚2円、交通費食費自己負担という悪条件でチラシ配りをやり、数日後、実績をじっさいよりも多く報告した。それが「チェックマン」によってとがめられた。その際厳しい叱責がなされた疑いがあり、それが自死につながったのではないかと原告は訴えていた。

 鈴木裁判長は、パワハラは証明できないとして、自死に関する被告会社の責任を否定した。安全配慮義務違反はないとした。賠償の必要はない。しかし日当7500円などの未払い賃金があるのでそれは払えという判決だった。遺族からみれば残念な結果である。出世と保身が一番の、つまらない、ありふれた裁判官の姿がうかぶ。

 しかしそれでも、重要なヒントが得られたように思う。被告と青年との書面上の契約内容によれば、日当を払う予定はなかった。筆者の取材にもケイ社は「日当はありません」と答えていた。だが「日当が払われなければならない」という原告の訴えに被告はあっさりと同意し、判決はそれに従って日当分の支払いを命じた。くわえて、安全配慮義務が被告会社にあることを前提として判決は書かれている。

 つまりこれは、委託契約の形をとりながらも実態は労働契約であることを裁判所が認めたことを意味する。労働契約なら、労働契約書がなければならないし、就業規則を備えるなど使用人には労働者を守るためのさまざまな義務がかせられる。被告会社はそれをいっさいやっていなかった。

 労働契約なのに「委託業務契約」だと偽っていたことがはっきりと浮き彫りになった。この点の違法性が判決ではまったく問われていない。これには納得がいかない。
 
 偽装「委託業務契約」はほかにもあると筆者は想像している。お気づきの事例があれば情報をお寄せいただきたい。

 
 

 
 

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

「「業務委託」をかたった無法労働/ポスティング自死事件で判決」への5件のフィードバック

  1. ポスティングの仕事はキツかったですここの会社はブラックです。他で仕事がないからここで仕方なくやってる感じです。

    1. コメントありがとうございます。よろしかったら詳しく聞かせていただけませんか。

  2. ここで3ヶ月くらい働いていました。すべてがとんでもない会社です。青年の無念を晴らす為にも全てを明らかにしないといけないと思いました。このままでは第二、第三の被害者が確実にでます。1日も早くこの会社はなくなってもらいたいと思います。

    1. コメントありがとうございます。
      ぜひお話を聞かせてください。
      miyakekatuhisa(アット)tutanota.com
      に連絡お待ちしています。

  3. 家のポストにチラシがはいってて、アルバイトしようと思ってましたが考え直してみます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください