「甘利辞任の後任大臣候補に石原伸晃氏」で思い出した自民党杉並区議の「税金でパーティ券」


 収賄の疑いが濃厚にただよう甘利明経済再生担当大臣が大臣の職を辞めることを発表した。大臣の地位にいながら「説明」するだけではすまないほど事態が深刻であることを物語っている。かりに刑事責任を問われるような話であれば議員辞職は当然だろう。

 報道によれば、甘利氏の経済再生担当大臣辞任にともなう後任大臣候補には、東京8区の石原伸晃自民党衆議院議員の名があがっているという。
 
 石原氏の名をみて、2009年夏以来、杉並区議会議長から答えをもらっていない問題があることを思い出した。当時、区議の政務調査費(現政務活動費)について調査していた本誌記者は、自民党議員が大量の政治資金パーティ券を政調費から支出していることを発見した。その多くは、石原伸晃氏の資金管理団体「石原伸晃の会」や石原氏が代表をする政党支部「自民党東京支部連合会」が主催する政治資金パーティや催しのものだった。

 杉並区の税金から払われた石原氏のパーティ券は、2003年から2006年にかけて延べ24件、計34万4000円にのぼる。

 これを問題にしたのは2009年夏。おりしも衆議院選挙の直前だった。『週刊金曜日』や『フライデー』『マイニュースジャパン』で報じた。記者はまた、これらのパーティ券代は違法な支出だとして返還を求める住民監査請求も申し立てた。

 投票まで数日にせまったある日、記者は区議会議長の富本卓氏を同氏の事務所前で取材した。政務調査費に関する調査権限を託されているという責任ある立場にあったからだ。富本氏は石原伸晃氏の公設秘書を務めた経験がある。

nobuteru0

nobuteru2

nobuteru3

 – 政務調査費でパーティ券を購入することには問題ないという認識ですか。

 記者の質問に富本氏は次のように答えた。

「なかなか政務調査費は難しい問題がある。いろいろ監査の結果をみながら、皆様のご指摘も参考にしながらね、議会としても考えていきたい。結果をみないとわれわれも判断できない。これから選挙が落ち着いたら回答します」

 結局、監査結果がでるまでもなく富本氏ら自民党の議員は、問題が指摘されていた支出をすべて取り消した。選挙は石原氏が僅差で対抗馬の保坂展人候補をやぶって当選した。そしてそれきり、富本氏から「政務調査費でパー券」について説明がなされることはなかった。

 なお、公明党の3議員だけは、山田宏区長(当時)のパーティ券を政務調査費で支出しながら、住民監査請求中も返還しなかった。おどろいたことに監査はこの支出を妥当と判断。さらには東京地裁での住民訴訟でも「問題なし」との判決がでた。これは監査も判決もまちがっているというほかない。

 さすがに区議会もパーティ券の支出はまずいと判断したのか。使途基準で明確に禁止を明文化した。

 ともあれ、議員が政務調査費(活動費)で政治資金パーティ券を購入していたことについてどう考えるのか。当時の富本議長からの説明はいまだないので、この機会にあらためて求めることにしたい。
   
 もっとも、石原氏はTPPに反対の意見をもっていたと聞く。安倍首相の意向に反してTPPを白紙に戻す覚悟があるのかどうか、しばらく観察したい。

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

「「甘利辞任の後任大臣候補に石原伸晃氏」で思い出した自民党杉並区議の「税金でパーティ券」」への1件のフィードバック

  1. 最近目立たない伸晃君の出番ですか。いい年して、「オヤジ」がなんて言っているいまだに親がかり君が勤まるのですかね。また、暴言吐くかも知れませんね。そういえば対抗馬が現在世田谷区長の保坂展人さんとの選挙も不思議でした。確かNHK以外は保坂さんの勝利だったのにふたを開けたら伸晃君の勝利。滅多に外れない出口調査の数少ない外れでした。その時の事はよ〜〜く記憶しています。選挙になると石原軍団とオヤジの応援、TPPも応援団に来てもらうのですかね。見ているだけでも腹がたちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください