時給8万円の増田寛也杉並区顧問、北海道顧問の待遇は日当12000円、年2−3回と判明

 9月はわずか2回の登庁、4時間あまりの仕事で35万円の顧問報酬を杉並区の公金から受け取った増田寛也氏が、同じく顧問をする北海道では、日当1万2000円で年2−3回の講演をする程度の待遇だったことがわかった。

 北海道地域主権課によれば、増田氏は2009年から北海道顧問となった。非常勤の特別職で顧問料は1万2000円。「北海道特別職職員の給与等に関する条例」が定める1万8700円以内という規程にしたがって決められた額という。

 勤務状況は、年2ー3回の講演会をするだけだという。その際、東京往復の旅費・宿泊費が、規程にしたがって別途支給される。

 一般職の非常勤職員でありながら月数回程度の登庁で月額35万円を払う杉並区の待遇は、ほとんど税金でこづかいを与えるのと変わらない、そう言っても過言ではあるまい。

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください