「ビーチバレー予算内訳不開示」は不当裁判、第1回弁論は10月6日11時703号法廷と決定

旧南永福小学校後を改修して区立体育館やビーチバレーコートにする工事をめぐり、予算13億円の内訳を示した書類を一部不開示にしたのは違法だとして提訴した裁判の1回口頭弁論の期日がきまった。

 10月6日午前11時、東京地方裁判所703号法廷(民事2部)である。事件番号は平成28年(行ウ)352号。13億円もの予算を要求しておきながらその内訳を明らかにしないという、まるで行政を私物化したかのような非常識な杉並区の姿勢を法廷でただしたいと思う。多くの方の傍聴をお待ちしたい。

http://miyakekatuhisa.sakura.ne.jp/wp2/archives/1712
「ビーチバレーコート関連予算の内訳不開示は違法」と杉並区を提訴

 この間、裁判官の指摘により訴状を一部訂正した。
①被告「杉並区」→「杉並区 代表者兼行政処分庁杉並区教育委員会同代表者教育長井出隆安」
②請求の趣旨1のうち「被告杉並区が」→「杉並区が」

また、本ブログで訴訟費用の支援をよびかけたところ、数人の方から志をちょうだいした。あつくお礼もうしあげたい。 

 なおこれに先立ち、9月20日午前11時半から東京地方裁判所419号法廷で、自民党大熊昌巳区議に対する政務活動費返還請求の住民訴訟第1回口頭弁論がある。傍聴・ご支援をお待ちしたい。

 原告は区民有志。筆者も入っている。くわしくはこちら。
http://miyakekatuhisa.sakura.ne.jp/wp2/archives/1215
〈支持者向け集会・報告の費用を税金に付け回し?/大熊昌巳自民杉並区議の「セコさ」に抗議して提訴〉

 
 

 

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください