ビーチバレーコート関連予算13億円の内訳「不開示」は不当/杉並区情報公開訴訟費用カンパのお願い

 読者各位
 いつも愛読いただきましてありがとうございます。
 さてこのたび杉並区教育委員会を相手どって情報公開一部不開示をめぐる訴訟を提起する運びとなりました。
 旧永福南小学校の施設・用地に国際規格のビーチバレーコートを13億円かけて整備するという計画(体育館改修費などを含む)が現在進められており、「ビーチバレーコートより保育園を」という疑問の声が噴出しています。筆者はこの計画について、予算の内訳を調べようと「歳出予算事業別見積書」などの公文書を杉並区教育委員会に対して情報公開請求しましたが、おどろいたことに「入札・契約前だから不開示にする」との決定がなされました。
 予算要求をしながらその中身は契約が終わるまで説明できないというのはおかしな話です。他自治体の例をみても隠すべき内容ではありません。
 区政の民主的運営を損なう重大な問題であることから、不開示決定の違法性を確認し、文書をすべて開示させるべく訴訟を起こすことにしました。
 つきましては誠に恐縮ですが、訴訟費用のカンパをお願いする次第です。本人訴訟で行う予定で、印紙・切手代で最低2万円。交通費や証拠収集にかかる費用、コピー代などを含めて実費で3万円は必要です。ご協力方よろしくお願いいたします。

 送金先は下記のとおりです。みなさまのお力添えをお待ちしております。 

★郵便振替口座 00180ー4ー401809 (名義:三宅勝久)
 

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください