「沖縄の暴力」と安倍政権/翁長知事と手をつなぎ真の独立をーー山本太郎参議

==28日夜に小平市で開かれた鳥越俊太郎東京都知事候補演説会より、山本太郎参議院議員(生活の党と山本太郎とみんなたち共同代表)の話を紹介したい。沖縄県高江の米軍基地建設計画をめぐって、反対する住民・市民を500人の機動隊員で暴力的に排除し、工事を強行している実態を報告、沖縄の問題は東京の問題であり、日本の問題である。鳥越候補には、翁長知事と手をつなぎ真の独立をめざしてほしいと訴えた。

CIMG3411
==

  永田町の野良犬でございます。(笑、拍手)

 生活の党と山本太郎となかまたち共同代表の山本太郎です。(定員1200人の)会場がいっぱいで消防法に触れるので別の会場に人を流した。こんなに熱気にあふれた会場滅多に見ることできないですよね、みなさん。

 なんとか東京を変えていきたい。そしてこの東京から日本を変えていきたいというみなさんの集まりなんですよね。

(拍手)

 さきほど福島みずほさんからお話がありました。みずほさんも沖縄県高江に足を運ばれた。そして私も高江に足を運んでまいりました。(拍手)

 鳥越俊太郎さんの応援、これはもちろんなんですけれども、きょう私どうしてここに来たかというと、逆に鳥越さんに直接お願いをしたいというためにきた。そういうほうが正しいかもしれない。

 どういうことかというと、東京、沖縄、もちろんそれ以外の地域も、連帯をしてこの国を変えていかなきゃいけない。状況にきてしまっていると思う。

(拍手)

CIMG3459

 沖縄県北部、美しい「やんばるの森」というものがある。生物多様性の宝庫なんです。そこには米軍の訓練施設がある。

ジャングルのなかの戦争を想定したような訓練施設が存在している。ここの一部、使用不可能な土地を沖縄に返してやれよとアメリカが言い出した。なるほど、返してくれるんだったらこんなにありがたい話はない。

 でもアメリカ軍でさえも使用するのがむつかしいと判断した土地を、そこにもともとあったヘリパッドをもっと使い勝手のいい場所に写せと、6つのヘリパッドをつくることにした。どんな場所?
 
 高江と呼ばれる100数十人住まわれる地域。その周辺を囲むようにヘリパッドがつくられる。2つはもうすでにつくられた。いま残りの4つを作るという段階で、10年間、地元のみなさんががんばって資材を搬入させない、ゲートを開けさせないという運動をしてきた。

 沖縄はもうはっきりと意思を示しつづけていますよね。沖縄の地方議会、衆議院でも参議院でも、米軍の新基地はいらない。それだけじゃなく、オスプレイ配備は許さないということを、もう民意として勝ち取ってきている。

 でも先日おこなわれた参議院選挙。島尻愛子大臣、落選しちゃった。これで確定的になったわけですよね。沖縄の人々の気持ちというものは。

(拍手)

 にもかかわらず機動隊員を配備し、数日のうちに、100数十人しか住まない町に500人もの機動隊員を全国から配備させた。10年間開かなかったゲートを無理やり開けたんですよ。いまその闘いの最前列に立っている方々。たくさんいらっしゃる。そのピークがこの8月6日に訪れるだろうといわれている。

 8月6日って何の日ですか。広島の日ですよね。広島の日にまぎれて、情報量の多いときに高江をやっちゃえば、ほとんど高江のことが流れない。こんなふざけたことありますか。

 どうしてこんなことできるの? オスプレイ、アメリカ国内で訓練をしようと思ったら、かなりハードルが高いらしいですね。たとえば生態系に影響を及ぼす、それによって住民たちが反対をおこせばその地域はオスプレイ訓練できない。

 でも一方で沖縄では、民家すれすれで飛ぶことだってできる。自分たちの国でできない訓練を日本でやっている。おかしい話だと思いません? みなさん?

(拍手)

 どうしてそんなことになってしまうのか。簡単なんです。日米地位協定。これ安倍さんのおじいさんがやったんですよね。行政協定から地位協定。占領時代の負担が軽くなったようにみせかけておきながら、とんでもない。占領時代が継続され、より(米軍の)自由度が高まるようなことを、この地位協定と密約によって確約された。あまりにもひどい話だ、沖縄がかわいそう。それだけじゃない。東京だって。東京の空、制空権、管制権はだれがもっている。1都8県にまたがって7000メートルの壁、みえない壁を米軍はつくり、そこを自分たちは自由にする。

 この東京だって、東京周辺の空だってもうすでに長い間、アメリカさまに差し上げっぱなしなんですよ。

 辺野古基金の共同代表である鳥越さん。いっしょに翁長知事と手をつなぎ、本当に日本の真の独立にむけて、本当のことを進める、そういうことができる人だとみなさん思いませんか?

 (拍手)

 (鳥越候補に)お願いしたいと思います。

(拍手)

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください