「猪瀬・舛添を推薦したのは誰か」福島みずほ社民党副党首

 28日夜、小平市であった鳥越俊太郎候補演説会より、社民党副党首の福島みずほ参議院議員の演説部分を紹介する。都民の声を聞かない空中楼閣と化した都政をみんなの手で変えようと訴えた。
===

CIMG3405

 鳥越俊太郎さんを当選させたい理由が3つあります。

 ひとつ、自由と民主主義のある社会に私たちは住み続けたい、そう思っています。
 
(拍手)
 
 ありがとうございます。じつは私は沖縄の高江に行ってきました。全国から来た機動隊が排除をしていく、それがいま高江で広がっています。安倍内閣はいったい何なのか。ほんとうにそう思っています。沖縄県議会は県議会として高江のオスプレイパット反対、中止せよという意見書を出しております。政府に26日、出しているんですね。それすらも、民意を無視するこの安倍内閣、東京からいっしょに変えていこうではありませんか。

(拍手)

 私は安保関連法が議論される前、国会で「戦争法案」と言ったら、じつは自民党から削除要求を受けました。景気がよくなったよくなったと都合のいい数字ばかりをあげて「鉄面皮だ」と言ったら、なんとこの「鉄面皮」も削除要求を受けました。でもみなさん、戦後50回、国会のなかで「鉄面皮」という言葉はつかわれているんです。ある社会党の議員は昭和42年、自民党のことを、ウソつき、ペテン師、詐欺師、いかさま師、裏切り者、鉄面皮ーー10個くらい言っているんですね、

(笑)

 これこそが自民党だといって議事録に載っています。ちゃんちゃんバラバラやっているんですよ。こんど私これ言ってみようか、ためしてガッテン!

(笑)  
 
 でもみなさん、戦争法案という言葉や鉄面皮という言葉すら削除要求する自民党に自由と民主主義を語る資格はないと思います、どうですか。

(拍手)

 だから政治を変えたい、だから東京から政治を変えたい、そう思っています。

 2つめ。住んでよし、働いてよし、学んでよし、環境によし。そんな東京をいっしょにつくっていこうではありませんか。

(拍手)

 わたしは東京が大好き。多元的で多様性があって、共生社会で刺激があって、本当に大好きな街です。でも街頭にたつと、

「福島さん、私保育園おちたんです。これからもうひとつ保育園見学にいきます」

「福島さん、特養老人ホームに入れない。365日24時間親の介護をしています。こんな人間がいることも知ってください」

 そんな声をほんとうに聞きます。だから住んでよし、そんな東京を鳥越俊太郎さんにつくってもらおうではありませんか。

(拍手)

 東京は地価がたかい。私は消費者担当大臣の時に、国有地を貸与してもらう、そのことはじめて成功しました。第1号が世田谷、第2号が横浜。いま22のそういう保育園が誕生しております。住んでよし、そのことを本当にやってもらいたい。

 つぎ、働いてよし。安倍内閣、1億総活躍や女性の活躍なんてずうずうしいと思いますが、いかがでしょうか。

(拍手)

 ホワイトカラーエグゼンプションを国会にだす。残業代ゼロ法案ですよ。雇用を叩きこわしています。だからこの東京で非正規雇用が4割で突破しているこの社会のなかで、まさに変えていきたい、変えてもらいたい、そう思っています。

 給付型奨学金をつくり、まさに学んでよし、そして鳥越さん、脱原発と自然エネルギーの促進を言っています。

(大きな拍手)

 やってもらおうではありませんか。

CIMG3459

 最後に、都庁はとんでもない状況。猪瀬さんが辞め、舛添さんが辞め・・・、誰のせいなんでしょうか。誰が推薦したんでしょうか。自民党や公明党ではないでしょうか。

(そうだ、拍手)

 だから、この国民の声を聞かない、まさに空中楼閣のなかで市民とかけはなれたところで都政をやっている、こんな都政そのものを変えたい、そう考えています。鳥越さん、人の意見を聞く、そしてみんなといっしょに変えていく、そのことを言っています。

 都政を都民に取り戻す、そんな鳥越俊太郎さん、みんなでおしあげて都政を変えていきましょう。

(拍手)

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください