宇田川報酬審会長の不動産会社に杉並区の税金から年間2800万円が支払われていた

 特別職・議員の報酬引き上げを答申した杉並区報酬等審議会の会長・宇田川紀通氏をめぐり、杉並区との癒着をうかがわせる事実がわかった。宇田川氏が経営する不動産会社や親族と杉並区との間で、自転車置き場や保育所用の不動産賃貸などの契約がなされ、月額220万円、年間で約2800万円を支払っていることが情報公開請求で開示された文書により確認された。

 賃貸借契約は2件あり、いずれも荻窪地域。1件はマンション3階部分202平方メートルを区保育室用に借りたもので、宇田川氏が社長を務める武蔵商事と親族とみられる宇田川幸子氏を貸主とし、杉並区との間で、賃料と管理費月額80万7667円(税込み)とする契約を締結。契約の日付は山田宏区長時代の2010年1月29日付。賃料は当初税込み78万5232円だったが、消費税増税にともなって引き上げられている。別途光熱費が月あたり9万円あまりかかっている。支払先は武蔵商事となっている。

keiyaku1

biru

 もう1件は、荻窪西第一自転車駐車場(地上2階建て、敷地約300平方メートル)の賃借契約。杉並区と地権者の武蔵商事との間で、賃料を月額142万8572円とする賃貸借契約を結んでいる。こちらの契約は2013年8月5日付。田中区長のときだ。

keiyaku21 keiyaku3

jitensya
 
 2件あわせると年間約2800万円が杉並区から宇田川氏の会社に支払われている計算だ。
 
 宇田川氏と田中区長の仲については、特別職・議員の報酬引き上げを答申した杉並区報酬審の顔ぶれ でも報じたとおりだ。田中氏の政治団体が主催する政治資金パーティの発起人に宇田川氏はなっていた。つまり、田中区長は、自身の有力な後援者を報酬審会長に任命し、区長を含む特別職の報酬を引き上げるような答申を出させた。「出させた」と書いたが、そう表現するほかない。報酬審は形ばかりで、1回の会合でひきあげを決定した。あらかじめ区長部局で起案したものを儀式として追認したとしか考えられない。

 そして、その後援者である宇田川氏にも、しっかりと区の税金からカネがながれていたことが今回の調査で明らかになったわけだ。見苦しい癒着というべきではないか。

 区長をはじめとする特別職と議員の報酬が引き上げられたのと同時に、区営施設の利用料など手数料が引き上げられた。杉並区民はとことんバカにされている。

 田中区長の見解を追って取材したい。

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください