「経団連”地獄の”ハッピーセット」山本太郎氏

 新しい政治の息吹として本誌は三宅洋平候補に注目、連日の街頭演説を可能な限り追っている。政治に無関心だったとみられる若者の間に政治的自覚がめばえつつあるのを如実に感じる。

CIMG1595

CIMG1613

 
 きょう29日昼、東京都中央区有楽町の演説には、いつものように山本太郎参議院議員が前座で応援演説を行った。毎回工夫がこらされていて興味深く勉強になるのだが、この日は「経団連ハッピーセット」という言葉が耳にとまった。上場企業など大企業の集団である日本経団連は、戦争ビジネスでカネを稼ぐことを夢見ており、安倍政権のものでそれが現実になりつつあるという。

 演説終了後、山本氏にインタビューした。

CIMG1615

ーー経団連ハッピーセットとは?

山本太郎:前まえからずっと経団連が政治に対して提言してきたこと。武器輸出の緩和、憲法「改正」の要件緩和、集団的自衛権の容認ーーこの3つそろったらハッピーセット。要は武器を開発して製造して売って、ということが完了する。そこに使うなんてことも入ってくるわけですね、おそらく。集団的自衛権で。
 ですから、このサイクルが完成したときに、この国の産業の中核として軍事が居座ることなる。

ーーいま野党共闘ということで、安保法廃止だと。武器輸出の緩和というのも、専守防衛に必要な物で製造するものはするけれども、それ以上には世界には出さない。日本人が海外で人を殺すことになってしまうから。

ーー経団連はお金もうけのため?

 じゃなったら、それ以外にこれをやる理由がないですよね。もっと自分たちが商売やりやすくするために提言してきたんですよね、労働環境(の悪化)という部分も。

ーー日本の経済は、日本人はどうなる?

いま、税金が防衛費のかさ増しということでどんどん横ながしされている。かさ増ししていくためには緊張をどんどんあおっていかないといけない。経済的にもいままで軍事にかかわっていなかった企業が軍事にかかわる。売り上げを伸ばす。海外企業では、軍事の売り上げが7割、9割をしめる企業があまたあるわけです。それを経団連はやりたい。

ーー日本人は幸せになれる?

それをやっちゃうと、税金横流しでいっちゃうわけだから、まず削減されるパートは社会保障。それと並行して防衛費のかさ増し。これはもう破滅にむかって歩いている。あと、補給部分はまっさきに攻撃の対象になる。ということは国内でもテロがおきる。だからテロに対する規制を強めるというのは考え方の順番が逆で、テロを起こさせないような条件を整えていく。アメリカの世界戦略には加担しない。

ーーじゃあ、カネもうけのためにテロはしょうがないと(財界は考えている)・・・

逆にテロがあったほうがカネもうけがよりうまくできるということ。

ーテロを待ち望んでいる政策がいま進んでいる?

ある意味、イラク戦争だって根拠がないのにやったのだから、それこそがテロ・侵略です。

==

 戦争ビジネスというのは、企業がまっとうな商売で稼ぐ企業努力をあきらめて、てっとりばやくカネを稼ぐことを考えた結果だと山本議員は別の場所で語っていた。そのとおりだと思う。商売というよりも泥棒・略奪である。そんな”商売”は行き詰まる。

 原発に囲まれた日本がそんな人殺し家業に手を出すことの愚かさはいうまでもない。だが日本だけで済むならまだましというべきだろう。核兵器があふれているいま、戦争ビジネスを許しつづけることは人類の破滅を意味する。

投稿者: miyakatu

ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください