杉1小報告書隠蔽疑惑/「隠蔽ではない」と区釈明、 教委は危険把握しながら無視

 区立杉並第一小学校(杉並区阿佐谷北)の移転を含む大規模な開発事業を区民不在で強引に進めている杉並区が、同小学校の移転先(現・河北病院敷地)は災害発生時に浸水や延焼の危険が高く避難所として「不適切」であるとの報告を専門業者から得ていながら、区がこの事実を公表しなかった問題で、企画課(施設再編整備担当)は取材に対して「隠蔽したわけではない」と釈明した。しかし、公表しなかった理由については「今は答えられない」(佐藤係長)と口を濁した。

 災害発生時に浸水や延焼の危険が高く避難所として「不適切」--

 杉1小学校の移転案が致命的な難点を抱えていることを、区は遅くとも2017年1月には専門業者(佐藤総合計画)の調査報告書によって把握していた。区民や学童の生命にかかわる重要なこの事実をなぜ明らかにしなかったのか、取材班は1月20日、企画課(施設再編整備担当)に取材した。対応した鈴木係長とのやりとりは以下のとおりである。

--報告書で「不適切」と指摘された事実を説明会や議会で言ったことはあるか。

鈴木係長 「言っていない」

--なぜ言わなかった?

鈴木係長「今は答えられない」

--意図的に隠蔽したのではないか。

鈴木係長「いえ」

--箝口令が敷かれていた?

鈴木係長「箝口令は敷かれていない」

--説明会などにこの資料(佐藤報告書)を持っていったのか。

鈴木係長「持っていった」

--説明しなかったのは、たいしたことではないと軽視したということか。

鈴木係長「そうではない」

--区としての正式な見解を出してほしい。

鈴木係長「だせるかどうかわからない」

 一方、本誌取材班は同日、教育委員会(学校整備課)にも取材した。対応した同課野田係長は、「(震災避難所として不適切と記載された)報告書の記載を見たことはある」旨回答。その上で、学校としての安全性についていっさい検討をしていない事実を明らかにした。

--震災避難所として不適切とは、学校としても問題があるということではないのか。対策を検討しているのか。

野田係長「計画がまだできていないので、検討はしていない」

--いまから検討しなければ間に合わないのではないか。

野田係長「そんなことはない」

 危険な学校になることを教育委員会は気づいていた。しかし、これを黙って見過ごすにひとしい態度をとっている。説明責任をはたさない無責任な区政に対してさらなる批判の高まりは必至である。

 都市整備課と学校整備課の双方に対して、区・教委としての正式な見解を出すよう求めた。一部回答が得られている。追って報告したい。

杉1小移転計画地は 水没・火災の 危険大!!  「避難場所として不適切」 調査会社が2019年1月に指摘も区隠蔽か

 区立杉並第一小学校(杉並区阿佐谷北)の移転を含む大規模な開発事業を区民不在で強引に進めている杉並区が、同小学校の移転先(現・河北病院敷地)は災害発生時に浸水や延焼の危険が高く避難所として「不適切」であるとの報告を専門業者から得ていたことが情報公開請求によって発見された資料から判明した。

 問題の記載は「阿佐ヶ谷駅北東築大規模敷地活用に関する調査業務委託」と題する報告書。杉1小の建て替え案を、

・A「現地建て替え」、
・B-1、B-2「河北病院敷地への建て替え(敷地の利用方法が異なる2案)
 
 の計3案について、それぞれ利点と欠点を検討・評価している。区の発注(2016年12月6日、随意契約161万円)により、佐藤総合設計が2017年1月に作成、提出した。

 報告書(佐藤報告書)によると、B-1、B-2案について「(洪水時には)0.5~1メートル敷地全体が浸水」「(周囲に木造家屋が密集しており、震災発生時には)延焼・類焼の恐れ」があるため、「震災避難所として不適切」と記載されている。

 一方、大通りの「中杉通」に面した現在の杉1小敷地の立地については、震災避難所としては「安全性高」と評価している。

 ところが、区は「震災避難所として不適切」と評価されたB-1またはB-2の案を採用した。

 その際、佐藤報告書の内容を徹底して明らかにしなかった。区民や子どもの安全にとってきわめて重要な情報が隠蔽された可能性がある。

 区は当初、現地建て替え(A案)の方針で計画を進めていた。2016年8月4日、基本設計を佐藤総合計画に約6500万円で発注(後に5500万円に減額)、翌年3月に基本が完成し、実施設計・工事へと進む予定だった。

 しかし、基本設計作業の途中で計画を突如として凍結し、病院敷地に移転させる案の検討を開始した。そして2017年5月、河北病院の敷地に移転する方針に変更し、多くの区民の不信と反発を買うことになった。

 現地建て替え計画の凍結後、区は住民や保護者向けの説明会や意見交換会を繰り返したが、その際、浸水被害を指摘する疑問がなんども出た。しかし、佐藤報告書が「震災避難所として不適切」と指摘した事実を区は明らかにしなかった。議会や区民説明会に対しても同様に、報告書の内容にはいっさい触れていない。

西荻窪商店会補助金不正問題「調査関連資料」開示される

 西荻窪商店会連合会の補助金不正受給問題に関して区が保有する文書が情報公開請求によって開示されました。PDFファイルで公開します。約250ページありますが、大半は協賛金受領の領収書の控えです。偽造された領収書の写しもあります。

・西商連不正問題資料(3分割の1・PDF約15M) 
・西商連不正問題資料(3分割の2・PDF約15M)
・西商連不正問題資料(3分割の3・PDF約15M)

杉並区議会の「閉ざされた」委員会室の改善求めて陳情書提出

 杉並区議会の委員会を取材する際、撮影許可を得ているにもかかわらず、指定された傍聴席や記者席から区長ら答弁者(理事者)の顔が物理的に撮影できないという問題がある。出入り口のあたりまで少し移動すれば横顔が撮影できるので、以前であればそうやっていたのだが、ここ数年は委員長が強く制止するようになった。許可を出しているのにもかかわらず実質的には撮影させないという矛盾した委員会運営がなされている。再三にわたって抗議してきたが、改善の動きはない。

 正式な手続きをへた権利を侵害しているのは明らかなので、あらためて改善を申し入れることにした。
==
 2020年1月10日
杉並区議会議長あて
第3・4委員会室における撮影環境の改善を求めることに関する陳情
三宅勝久

陳情の主旨
第3・4委員会室で委員会を開催する際、理事者・質問者の肖像(顔)が撮影できるよう環境の改善を求める

理由
第3・4委員会室で委員会を開催する際、委員長による撮影許可(取材許可)を得ているにもかかわらず、撮影場所として指定されている傍聴席(記者席)からでは、理事者の肖像(顔)が見えず、物理的に撮影できない状態が続いている。傍聴者・取材者としての権利が不当に侵害されているので、すみやかに改善する必要がある。

お知らせ「阿佐ヶ谷問題ニュース」(仮名)創刊準備会へのお誘い

 読者のみなさん、こんばんは。

 杉並駅北の杉並第一小学校を中心とした開発計画が区と地権者と河北病院の3社により、住民不在のまま強行されています。この問題を深く調べ、広くつたえるために、阿佐ヶ谷問題をテーマにしたチラシ型のニュース媒体「阿佐ヶ谷問題ニュース」(仮名)を創刊することにしました。

 現段階での構想ですが、発行責任者を本ブログ主宰者の私・三宅勝久として、この問題に関心があるいろんな方に、執筆者・編集・取材協力のボランティアとしてかかわっていただけないかと考えております。月2回程度の定期発行をめざします。

 1月15日午後7時〜9時、杉並区産業商工会館にて公開編集会議(準備会)を開きます。ぜひみなさまのご意見をお聞きしたいと思います。お気軽にいらしてください。

 お問い合わせは本ブログのメールフォーム(ページ上段の「お問い合わせ」)よりお知らせください。

 ・杉並区産業商工会館
〒166-0004 杉並区阿佐谷南3丁目2番19号
03-3393-1501

 三宅勝久

【軍事作戦だけでは不十分だ。中東地域における腐敗した米国の存在を終わらせなければならない:イラン・ハメネイ師】

 イラン・メヘル通信社配信記事から、イラン最高指導者ハメネイ師の演説内容を紹介します。なお英語版から筆者が翻訳しています。

https://en.mehrnews.com/news/154311/Military-operations-won-t-suffice-US-corrupting-presence-in

【軍事作戦だけでは不十分だ。この地域における米国の腐敗した存在を終わらせなければならない:イラン指導者・ハメネイ師】

【テヘラン、1月8日(MNA)】–12月8日水曜日のテレビ生中継放送で、イスラム・イラン共和国の指導者ハメネイ師は、中東地域における「米国の腐敗した存在」を終わらせる必要性があると強調しました。

ハメネイ師は、1978年1月9日のパーラビ政権打倒の蜂起から42周年を記念して、コム市民と会合を持ち、テレビで国民向けに演説した。

 米軍によるソレイマニ司令官暗殺に報復するため、革命防衛隊は水曜日早朝、イラク西部のアインアルアサド米空軍基地を標的に波状攻撃を実施したが、生放送はその数時間後に行われた。

 イスラム革命指導者ハメネイ師は、1978年1月9日にパーラビ政権打倒をめざしたコム市蜂起の歴史的重要性に触れ、この画期的な出来事から教訓を得る必要性があると強調しました。

「当時コムの人々の手は空だったが、今日の私たちの手はいっぱいだ。わが国は世界のいじめっ子に対して完全に装備されている」と述べた。

 指導者はその後、西アジア地域での米国の陰謀を阻止したソレイマニ将軍の人となりと役割を賞賛し、「パレスチナに対する米国の陰謀は、彼らを弱体化した状態に保つことであったが、ソレイマニ殉教者はパレスチナ人が強く立ち、抵抗できるよう手助けをした」

「米国のイラク、シリア、レバノンの陰謀はすべて、この偉大な殉教者に阻まれた。米国はイラクがただの乳牛であることを望んだが、ハジ・カセム(ソレイマニ将軍)はこの米国に対する前線が拡大するのを助けた。

「レバノンの場合、米国はヒズボラから国を奪うつもりだが、ヒズボラは日ごとに強くなっている」

 ソレイマニ司令官暗殺に対するイランの報復について、指導者ハメネイ師は、米空軍基地でのIRGCミサイル攻撃に言及して「私たちの報復は別の問題であり、それは昨夜行われた」と述べた。

「報復に加えて重要なのは、軍事作戦だけでは十分ではないということだ。同地域の米国の腐敗した存在を終わらせることが重要だ」と指導者は強調した。

「アメリカ人は親愛なるイランに腐敗と破壊を持ち込もうとしている。交渉テーブルに座るという話は介入の序文であり、これは終わりにしなければならない。地域の国々は、米国の存在とその干渉を受け入れない」

「イランに対する米国の敵意は一時的なものではなく、固有のものだ。米国の敵意がやむだろうと考えて私たちが一歩後退するとすれば、それは重大な間違いだ」と彼は強調した。

 指導者は、ソレイマニ司令官暗殺に関連して米国国防総省とそのすべての協力者をテロリストに指定したイラン議会の動きを賞賛した。また、政府にイラクからの米軍撤退を命じた同国議会の決議を賞賛した。

Military operations won’t suffice; US corrupting presence in region must end: Leader

TEHRAN, Jan. 08 (MNA) – In a live TV address on Wednesday, Leader of the Islamic Republic Ayatollah Khamenei stressed the need for ending the “US corrupting presence” in the Middle East region.

Ayatollah Khamenei addressed the nation live on TV in a meeting with a large group of people from Qom, in commemoration of the 42nd anniversary of the January 9, 1978 uprising in Qom ゴムagainst the Pahlavi regime.

The live address also took place hours after the Islamic Revolution Guards Corps (IRGC) targeted the US airbase of Ain al-Assad in Anbar province in western Iraq after launching a wave of attacks in early hours of Wednesday to retaliate the US assassination of IRGC Quds Force commander, Lt. Gen. Qasem Soleimani.

During the meeting, the Leader of the Islamic Revolution first touched upon the historic significance of the January 9, 1978 uprising in Qom against the Pahlavi regime, and highlighted the need for taking lessons from this landmark event.

“People of Qom had been empty-handed back then, but today, our hands are full and the country is fully equipped against the world’s bullies,” he added.

The Leader then praised the character and role of Gen. Qasem Soleimani in having foiled the US plots in the West Asian region, saying “the US plot for Palestine was to keep them at a weakened state, but martyr Soleimani helped Palestinians to stand strong and resist.”

“The US plots for Iraq, Syria, and Lebanon were all foiled by this great martyr. The US wanted for Iraq to be nothing more than dairy cattle, but Hajj Qasem helped this expansive front [against the US].”

“For Lebanon, the US intends to deprive the country of Hezbollah, but Hezbollah has been becoming stronger by the day.”

Talking about Iran’s retaliation for the US assassination of IRGC Quds Force commander Lt. Gen. Soleimani, the Leader said “our revenge was a different matter, which was carried out last night,” referring to IRGC missile strikes on the US airbase of Ain al-Assad in Anbar province in western Iraq.

“What is important in addition to retaliation is that military operations do not suffice. It is important to end the US corrupting presence in the region,” the Leader stressed.

“Americans are insisting on bringing corruption and destruction into our dear Iran. Talks of sitting down at the negotiating table is a preface to interventions, which must end. Regional nations do not accept the US presence and its meddling measures,” he added.

“The US enmity toward Iran is not temporary; it’s inherent. It is a ‘gross mistake’ to think if we took a step back and comprised, the US would stop its enmity,” he stressed.

The Leader then praised the Iranian Parliament’s motion
designating the Pentagon and all subsidiaries terrorist following the US assassination of Lieutenant General Soleimani. He also praised the Iraqi Parliament’s resolution requiring the government to order the withdrawal of US troops from Iraq.

イラン大統領が仏大統領と電話会談

 イラクを公式訪問中のイラン革命防衛隊ソレイマニ将軍を米軍が暗殺した事件により、地球規模で軍事的な緊張が高まっています。イラン大統領がフランス大統領と電話会談したとのイラン・メヘル通信社配信記事から紹介します。なお英語版から筆者が翻訳しています。

イラン メヘル通信
https://en.mehrnews.com

 今週火曜日(2020年1月7日)遅く、ロウハニ大統領はフランスのマクロン大統領と電話で会談し「米国はイラクの主権と領土を侵害し、同国の人々を侮辱した」と述べた。

President Rouhani made the remarks in a phone conversation with his French counterpart Emmanuel Macron late on Tue. and said,
“US has violated Iraq’s sovereignty and its territorial integrity and has insulted people of this country.”

 米国がイスラム革命防衛隊・ガセム=ソレイマニ中将を暗殺したことに対して、今イランの国は深く悲しんでいるとして、「ソレイマニ将軍の暗殺により、米国は大きな戦略上の間違いを犯した」と付け加えた。
Today, Iranian nation is in deep sorrow due to the US assassination of IRGC Quds Force Lt. Gen. Qasem Soleimani, he said adding, “US committed a major strategic mistake by assassinating Gen. Soleimani.”

ロウハニ大統領は、平和の継続と安全を望む世界のあらゆる国に向かって、米軍によるこの犯罪とテロ行為に対して毅然とした態度をとるよう呼びかけた。
Rouhani called on all countries, which want lasting peace and security in the world, take decisive stances against this crime and terrorist act committed by the US forces.

米国の犯罪がなされた後、「イランとイラクの国家間の連帯、団結、友好がこれまで以上に深まったことを確認している」とロウハニ大統領は強調した。
After the crime committed by the US, “we witnessed evermore solidarity, unity and amity between Iranian and Iraqi nations,” Rouhani emphasized.

殉教者・ソレイマニ将軍はイラク政府の正式な招待により、イラク首相と会談するために同国を訪問中だったとして「米軍によるテロはイラクの主権を侵害し、同国政府と国民を侮辱した。同時に高貴なイラン・イスラム共和国に対する許しがたい犯罪行為である」と述べた。

Martyr Gen. Soleimani had travelled to Iraq at the official invitation of the Iraqi government for meeting with Iraqi prime minister, he said, adding, “the terrorist move committed by US forces has violated the sovereignty of Iraq and insulted government and people of this country as well as a great and unforgivable crime committed against the noble nation of Islamic Iran.”

 米国の凶悪な行為に対するイランの人々の要求に目を向け、「この暗殺の結果責任とそれが招く事態は米国政府が負わねばならない」と述べた。

Turning to the demand of Iranian people for responding to US heinous act, he said, “the responsibility of the consequences of this assassination and its outcomes shall be borne by the US government.”

「地域の平和と安定の継続はソレイマニ将軍の主たる目標だった。将軍は反テロの英雄である」として、平和と安全の拡大がイランの主たる戦略であると大統領は述べた。

Spread of peace and security is the main strategy of the Islamic Republic of Iran, he said, adding, “establishing sustainable peace and stability in the region was the main objective of Gen. Soleimani, so that he [Gen. Soleimani] is anti-terror hero.”

 大統領はまた、米国のテロに対してイラク議会が下した重要な決定に触れ、「地域の安全は地域諸国によってのみもたらされる。そして、地域が不安定になり、緊張が高まり、世界に危険が及ぶことで利益を得る者はだれもいない」と述べた。

Elsewhere in his remarks, Rouhani pointed to the important decision taken by Iraqi Parliament in a reaction to the US terrorist move and said, “I believe that security of the region is provided only by the regional countries and no one will gain profit as a result of tension in the region in a way that instability in this region can be dangerous for the world.”

 一方、フランスのマクロン大統領は、地域の平和と安定の拡大をはかるというイランの一貫した見解に触れ、事件に対して深い哀悼を表明した上で、「フランスは緊張を緩和するために最大限の努力をする用意がある」と述べた。
 さらに包括的行動計画(JCPOA)の重要性に触れ、「フランスは、この画期的な核交渉を継続するために努力を続け、イランがこの方向に進むことを期待する」と述べた。

For his part, French President Emmanuel Macron pointed to perpetual commitment of Iran for the spread of peace and stability in the region and expressed his deep regret over the recent events and said, “France is ready to make its utmost effort for reducing tensions.”

Turning to the significance of Joint Comprehensive Plan of Action (JCPOA), he said, “France will continue its efforts for preserving this landmark nuclear deal and expects Iran to move in this direction.”